大学受験で現役合格をめざす高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. 志望大学別授業
  3. 高校1年生

高校1年生の学習ポイント

確固たる土台作りの時期

「中学の復習」と「先取り学習」を行なうことで、基礎を固め、学力の土台を作る大切な時期です。学習習慣やスタイルを早めに確立しましょう。高1の成績で、大学入試の選択肢の幅が決まります。

高校1年生ってどんな時期?

高1の成績が大学入試に大きく影響します

大学入試では、指定校推薦や公募推薦のほかにAO入試という入試方式があります。
その推薦入試の出願条件となるのが、高1の1学期(2学期制であれば前期)から高3の1学期(同前期)までの「評定平均」です。
その評定を決める定期テストは、3学期制の高校で全12回(2学期制は全10回)実施され、そのうちの5回(2学期制は4回)は高1の間に受けます。つまりは高1の成績が評定平均の約4割を占めていることになります。評定平均が高ければ出願先や利用できる入試方式の選択肢が増え、それだけ志望校に現役合格できる可能性が高まります。受験は高1からスタートしていることを認識して、最初の定期テストから全力で取り組みましょう。

授業の内容、進度とも大幅にレベルアップ

学校行事や部活動が本格的になる中で、高校での授業は中学生の頃とは比較にならないほど難易度が上がります。また、高校3年間で扱う学習範囲はとても広く、大学入試までに全てを履修し終えなければならないため、授業はどんどん進み、一度説明されただけでは理解しきれないことが出てきます。日頃の予習・復習が何より大切になってきます。

横一線からのスタート

様々な学力の生徒が集まる中学とは違い、高校ではほぼ同じ学力の生徒が集まり、横一線からのスタートなので、中学生の頃上位の成績を取っていたとしても気を抜くことはできません。いち早く高校生としての学習方法を身につけましょう。忙しくても地道に学習することで、高1からしっかりと土台固めをし、着実に高2の学習へと進むことができます。

入学後の半年で大まかな進路を決定

ほとんどの場合、高2から、文系・理系、国公立・私立といった進路に分かれて授業やクラスが編成されるので、高1の時点で選択する必要があります。「なんとなく」で選び、将来後悔してしまわないように、しっかりと将来を見据えた選択をしましょう。

高校1年生の年間スケジュール

4月~6月

高校での学習のペースをつかむ時期

4月 入学式
最初の定期テストを目標に学習を進めましょう。
5月 中間テスト(3学期制)
ナビオ定期テスト対策
6月 中間テスト(2学期制)
ナビオ大学受験セミナー
ナビオナビオ統一テスト定期テスト対策

7月~11月

毎日の予習・復習で基礎力をつける時期

7月 期末テスト(3学期制)
ナビオ夏休み学習マラソン
ナビオ夏期講習
8月 夏休み
8月に大学の様々な情報を収集し自己分析を進めましょう。
ナビオナビゲーション
9月 期末テスト(2学期制)
9月に入ると授業のスピードがアップします!
ナビオ進路アンケート
ナビオナビオ統一テスト
ナビオ定期テスト対策
10月 中間テスト(3学期制)
文系/理系の進路を選択します
ナビオ定期テスト対策
ナビオボキャブラグランプリ
ナビオ計算グランプリ
11月 ナビオナビオ統一テスト
ナビオナビゲーション
ナビオ定期テスト対策

12月~3月

1年間の復習と先取り学習をする時期

12月 中間テスト(2学期制)
期末テスト(3学期制)
ナビオ冬期講習
1月 冬休み
ライバルに差をつけるために今の時期から高2の内容に着手しましょう。
ナビオナビゲーション
ナビオセンター試験体感ライブ
2月 ナビオセンター試験分析会
ナビオ定期テスト対策
3月 冬休み
ライバルに差をつけるために今の時期から高2の内容に着手しましょう。
ナビオセンター試験分析会
ナビオ春期講習

高校1年生の主な学習目的と受講講座例

学校成績の向上

将来の大学入試に向けて良いスタートを切るには、まずは学校内での成績を上位10%以内にキープすることを目標にしましょう。グループ指導でカリキュラムに沿って、着実に理解を深めていきましょう。

受講講座例

グループ指導
学校数学・国語総合
個別指導
英語(長文読解対策として)
映像指導@will
スタンダード英文法(単元別演習)

附属高校定期テスト対策

志望する学部に入学するためには、学校の成績を上位にキープしていくことが肝心です。
ナビオの「個別指導」なら、学校のカリキュラムに合わせた学習ができます。

受講講座例

個別指導
数学・英語

英語力の習得

英語は、国公立・私立、文系・理系を問わず、必ず大学の受験科目として課せられます。
苦手意識を持つことは、受験において多くのハンディを持つことになるので、早めの対策が功を奏します。

受講講座例

グループ指導
発展英語
映像指導@will
ハイレベル英文法(出題形式別演習)
通信指導
高1高校英語
このページTOPへ