大学受験現役合格を目指す高校生のための学習塾・栄光ゼミナール高等部[ナビオ]公式サイト。
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. ナビオの先生は受験生活を支えてくれる大きな存在だった。
ナビオ体験談

合格体験談

ナビオの先生は受験生活を支えてくれる大きな存在だった。

北新司くん 【進学校】明治大学(理工学部・情報科学科)

受験方式: 一般入試
合格大学: 東京理科大学(理工)・芝浦工業大学(工)・日本大学(文理)・東京都市大学(知識工)・東京工科大学(コンピュータサイエンス)
出身高校: 東京都立桜町高等学校
出身教室: navio 自由が丘校

いつ頃から志望校を考え始めましたか?

高2の1学期ぐらいから「これぐらいのレベルの大学をめざしたいな」と考え始めました。もともとコンピュータの基礎理論や応用法を学びたいという気持ちがあり、高2の夏にオープンキャンパスで学部の説明を受け、基礎からしっかりと学べる明治大学の理工学部を志望することにしました。それと、ナビオのガイダンスが何度かあって、それを受けるごとに受験生であるという気持ちが上がっていきました。

受験生活の中で大変だったことは何ですか?

モチベーションを維持することです。高校受験では親の意向で都立高の推薦入試を受けたので、入学してから自分がきちんと選んだ高校ではないことをずっと後悔していました。大学受験では後悔したくなかったので、しっかりと勉強して学力を伸ばしながら一般受験で臨もうと心に決めていたんです。でも、指定校推薦枠が多い高校だったので、まわりの友だちは指定校推薦をねらっている人が多く、めざす方向が違うので相談できる相手があまりいませんでした。

やる気はどのように維持していたのですか?

ナビオは一般受験に向けて勉強に燃えている生徒ばかりだったので、同じ目標を持ってがんばっている人を見て励みにしていました。それに、同じクラスの人たちはみんな頭が良かったので、「この人たちに勝ったら合格できる!」と考えて、やる気を高めるようにしていました。「最も身近なライバル」として意識することで目標が明確になり、成果も見えやすかったので、やる気を維持するために良い環境だったと思います。演習の授業でも「誰よりもはやく解く!」と、闘志むき出しでやっていました(笑)。

どんな勉強法をしていましたか?

高3に進級する前に行われたガイダンスで、おおまかな受験対策の説明を受けました。でも、どの教科を重点的に取り組めばいいのか、参考書は何がいいのかなど細かいことがわからなかったので、担当の先生に相談したところ、「夏前までは英語に力を入れよう」と言われ、指定された参考書を2ヵ月以内に2周やりました。最初は「無理!」と思ったのですが、「ここでやらなかったらライバルに勝てない」と考え直し、ひたすら勉強をつづけました。あと、毎回の授業で、「復習しないと学力として定着しない」と言われていたので、授業の復習もしっかり行うようにしていました。学習中は手応えを感じなかったのですが、模試で良い結果が出ると自信がつきました。先生を信じてやり続けようと思いました。

ナビオの良さを教えてください。

先生との距離が近く、生徒1人ひとりのことをよく見てくれるところです。先生がナビゲーターとしてついてくれて、定期的に進路相談ができ、志望校や併願校を決めることができました。「何かあったらいつでも来ていいよ」と言われてもなかなか行けるものではありませんが、ナビオは先生からアプローチしてくれるので、先生との距離が近くなり、何でも相談に行くことができました。

合格に必要なことは何だと思いますか?

強い意志を持ち続けることです。やる気を維持できれば、先生に勉強法を相談するなど自分から次の行動に移すことができます。やるべきこと、足りないことを見つけてやり続ければ、必ず合格につながると思います。
このページTOPへ