大学受験を目指す高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ公式サイト
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. ナビオは勉強のスイッチが入る場所でした
ナビオ体験談

生徒体験談

ナビオは勉強のスイッチが入る場所でした

黒田歩くん【進学校】慶應義塾大学(文学部)

受験方式: 自己推薦入試
合格大学: 慶應義塾大学(文学部)
出身高校: 宮城県仙台向山高等学校
出身教室: navio モール長町校

自己推薦での合格ですね。

はい。好きな英語を極めたくて、文学部に進みたいと考えていました。志望大学の自己推薦入試では、自分の考えを英語で述べるレベルの高い英作文が出題されるので、自分の持ち味を活かすことができそうだと思いました。ナビオの先生とも相談し、一般入試にも目を向けながら自己推薦に挑戦することにしました。

見事に合格しました!自信はありましたか?

高倍率だったので、自信はなかったです。合格発表は学校の定期テストの期間中で、休み時間にスマホで確認しました。自分の番号を打ち込むと「合格です」と出てきて…。しばらくは放心状態でした(笑)。

英語が好きになったきっかけは?

中学のときに教えてもらった栄光ゼミナールの授業です。担当の先生に、英語のおもしろさを教えてもらいました。その先生に個別で指導してもらえることもあり、高1になってナビオに入塾しました。この環境でやっていけば力を伸ばせると思ったからです。ナビオは勉強のスイッチが入る場所でしたね。

受験勉強は順調に進みましたか?

英語が武器だと思っていたのですが、高2の秋頃にその英語が伸び悩んでしまいました。スランプと言うのでしょうか。先生に相談してみたら、レベルの高い長文を集めた問題をやるように指示されました。尊敬していた先生だったので、先生のアドバイスを信じてやりました。そこから回復したんです。きっと多くの受験生は停滞する時期があるのだと思います。自分のやっていることに不安を感じたら、信頼できる先生に相談することが大切だと思います。

ナビオの先生を信頼していたのですね。

はい。時には喝を入れられましたが、今となっては良い思い出です。

効果的な勉強法はありましたか?

国公立大や早慶上智、MARCHなどの過去問に徹底的に取り組みました。数をこなしたことは英語力向上につながったと思います。わからない問題を先生に質問すると、表現の言い換えや異なる出題パターンなど、質問した以上のことを説明してくれるので、知識がどんどん広がっていきました。また、自分は英語ばかり勉強していたので、先生に「合格するには他の教科もやらなくてはいけない」と注意されて、世界史の映像授業も受講しました。テーマ史だったので理解しやすく、私大文系の傾向に合っていたので良い対策になりました。

合格に欠かせなかったと思うことは?

切磋琢磨できる友だちの存在は大きいです。目標とする良いライバルを見つけ、負けたくないという気持ちを持つことですね。それから、時間の使い方も大切です。テニス部に入っていたので、高3の6月まで毎日練習していました。部活動を終えたらナビオのi-cot(自習室)に行くのを習慣にしていました。無駄な時間を作らないようにメリハリをつけて、受験勉強と部活動を両立しました。

最後に後輩にメッセージをお願いします。

受験勉強は自分との戦いです。やる気モードが低下したときは、この「VOICE(合格体験記)」を読んでみてください。いろいろと参考になることがあると思います。ぼくも、高3のときに渡されて励みに読んでいました。先輩たちの勉強時間の多さや失敗を乗り越えた話、ボロボロになった単語帳の写真を見ながら「自分はまだまだ甘い」と、心を奮い立たすことができましたよ。
(2018/08)
このページTOPへ