大学受験を目指す高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ公式サイト
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. 英語が得意になれたのは、「わかったつもり」にさせないナビオの授業のおかげ
ナビオ体験談

生徒体験談 国立早慶コース

英語が得意になれたのは、「わかったつもり」にさせないナビオの授業のおかげ

福島 百華さん【進学校】早稲田大学(教育学部・複合文化学科)

受験方式: 一般入試
合格大学: 明治大学(文)・立教大学(文)・明治学院大学(文)
出身高校: 埼玉県立熊谷女子高等学校
出身教室: navio熊谷校

早稲田大学を志望された理由を教えてください。

英語が好きなので、大学でも語学の勉強をしたいと思っていました。最初はなんとなく国立大をめざそうかなと思っていたのですが、先生に相談したら、「早稲田の教育学部は英語以外の外国語も専門的に学ぶことができるよ」と教えてくれたんです。フランス語も修得したかったので、志望を決めましました。

英語はもともと得意だったのですか?

中学では栄光ゼミナールに通っていて、中3で受けた英語の授業がすごくわかりやすくて英語が大好きになりました。ナビオでは高2から英語の授業を受け始めたのですが、この授業もまたすごくわかりやすかったんです! 生徒がわかっていない部分、わかったつもりになっている部分を熟知されている先生で、きちんと理解するまで丁寧に教えてくれました。

本格的に受験勉強を始めたのはいつ頃ですか?

部活動引退後の高3の5月頃からです。高2の夏くらいにナビオの先生から「そろそろ始めないと!」と言われていたのですが、高2の夏から冬にかけては吹奏楽部のコンクールが続き、練習に追われて勉強する余裕はありませんでした。気持ちばかり焦っていたそんな時期に同じ部活動の友だちがナビオに通い始めて、練習後に一緒に塾へ向かいながら単語を覚えたり、心が折れそうな時に励まし合ったりしていました。同じ状況の友だちがいたことは気持ちの上でかなり支えになりました。

スランプの時期はありましたか?

世界史の成績が高3の夏までまったく伸びず、かなり不安でした。学校では高1と高3しか世界史の授業がなくて、朝補習が高2の冬からスタートしたのですが、高3の初めの段階で3分の1くらいしか範囲が終わっていない状態で…。高3最初の模試では30点くらいしか取れませんでした。

どうやって克服したのですか?

落ち込んでいても仕方がないので、「やってないのだからできなくて当然。やってできなかったら先生に相談しよう」と前向きに考えるようにして、自分でまとめノートを作り始めました。授業のプリントや参考書を見ながらノートにまとめ、その後に問題を解いてみる。解けなかったところや足りていないところをまとめ直すようにしていたら、夏の模試で80点くらい取ることができました。

志望校に合格するために必要なことは?

自分なりの「集中力の持続法」を確立することだと思います。まわりはみんな、i-cot(自習室)にこもって勉強していましたが、私は20時頃までi-cotで勉強したら、帰宅して夕飯を食べ、その後は家で勉強するようにしていました。最初の頃はまわりよりも早く帰ることで、「勉強が足りていないかな」と不安に思うこともありましたが、私の場合は場所を変えたほうが集中でき、気晴らしになってよかったです。

受験を通して成長したと思うことはありますか?

やたらとポジティブに考えられるようになりました。受験生活の中でたくさん辛い経験をして、その度に「終わったことだ!次、がんばろう!」と思って乗り越えてきました。右肩上がりで成績が伸びる人なんてほとんどいません。成績が下がって、「もう無理」とか「志望校を変える」と思ったら負け。「今回はダメでも次に良い成果を出せるようにがんばろう」と思える強い気持ちを持つことができるようになったと思います。
(2018/08)
このページTOPへ