大学受験現役合格を目指す高校生のための学習塾・栄光ゼミナール高等部[ナビオ]公式サイト。
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. モチベーションが低い時期も継続し蓄積を作れた。ナビオに感謝!
ナビオ体験談

合格体験談

モチベーションが低い時期も継続し蓄積を作れた。ナビオに感謝!

津田 啓汰さん【進学校】横浜国立大学(理工学部 数物・電子情報系)

受験方式: 一般入試
合格大学: 明治大学(理工)・青山学院大学(理工)・芝浦工業大学(システム理工)・日本大学(理工)
出身高校: 作新学院高等学校
出身教室: navio宇都宮校

合格校には数学系の学科が並んでいます。

以前から難しい問題をじっくり考えるのが好きでした。試行錯誤の間に感じているもやもやが解決して、ぱっと晴れるのが快感です。ただ教科としては数学より物理の方が得意で、家族からも物理方面への進学をめざした方がいいのではとアドバイスを受けましたが、好きなことでないと続かない性質なので最後は自分で数学系に決めました。横浜国大はナビオの先生に教えてもらってから意識していて、結局そのまま第一志望になりました。

ナビオには高1から通塾していますね。

数学のグループ授業と英語の個別を受講していました。あまり熱心な生徒ではなかったですが、宿題とか最低限のやるべきことはやっていて、成績はそれなりにとれていました。でも、それ以上にがんばる意欲はありませんでした。自分に甘いので(笑)。高3になると模試の成績が落ち始めました。先生から「今回から浪人生が合流する。落ちても気にしすぎないように」という言葉がありましたが、学年の中での順位も下がっていることに自分では気がついていました。完全な出遅れです。それでもまだやる気にならなくて、浪人生のせいということにしておきました(笑)。

そのままだと事態は悪化していきそうです。

夏の初めのセンター模試で横国大がE判定になって愕然としました。もともとじっくり考えたい方で、スピード勝負が苦手です。センタータイプの処理能力を問われる試験では、文章を読むのが遅い国語や英語だけでなく、得意の数学でも時間不足で、最後までできるのは物理だけという状態でした。これではセンター試験で終わって2次まで行き着かない…と、このとき初めて本当の危機感を抱きました。

夏から、かなり勉強したのですか?

授業時間と課題が一気に増えましたが一応こなしていたので、勉強量も自然に増えました。夏期集中特訓などは今までにないキツさでした。でも、危機感に見合うだけ勉強したとは言えません。担当の先生にも相談に乗っていただいて、やらなければという気持ちは強かったのですが…。

それはなぜ?

自分に甘いとしか言いようがないですね(笑)。それでも過去問は夏から解き始めました。やってみてわかったのは、2次は試験時間が十分にあって、自分に向いているということです。自信があるというほどではないけれど、最大の問題はセンター試験をどうするかだということがはっきりしました。

その後は、センター対策が中心ということになりますね。

秋からは勉強のペースが徐々に上がりました。やったのはナビオで出てくる課題と過去問だけです。処理能力を高める方法はいろいろ試してみましたが、これといって自分には合うものは見つかりませんでした。効果があったのは、時間を意識して過去問演習を反復することです。時間配分を必ず考える。国語・英語の文章はのんびりしないで集中してさっさと読む。そんな当然のことに注意して演習を重ねていくうちに、これまでの自分の解き方がぬるくて、無駄を省くだけでもかなり時間短縮できることがわかりました。

結果、センターの自己採点は国語が170、英語が150。

対策成功ですね。その勢いで2次も乗り切りました。高校生になるとき、ナビオへの進学をためらっていたのですが、進級を勧めてくれた先生には本当に感謝しています。モチベーションが低くても、やれと言われればやる性格なので、3年間ナビオで勉強してきた積み重ねがあって、始動の遅れを取り戻すことができました。
このページTOPへ