大学受験で現役合格をめざす高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. 個性的な先生揃いで、楽しく前向きに勉強できました
ナビオ体験談

生徒体験談 国立早慶コース

個性的な先生揃いで、楽しく前向きに勉強できました

扇谷 理沙さん【進学校】慶應義塾大学(理工学部)

受験方式: 一般入試
合格大学: 青山学院大学(理工)、芝浦工業大学(工)、中央大学(理工)、東京理科大学(理工)、法政大学(理工)
出身高校: 大宮高等学校
出身教室: navio大宮校

ナビオに入ったきっかけは?

小学生のときから栄光ゼミナールに通っていました。高校受験が終わった後、ナビオの紹介に来られた先生のお話がすごくおもしろくて魅力的だったので受講することにしました。教科は数学です。高2の半ばまではバスケットボール部が毎日忙しくて、勉強と言えば学校の課題とナビオの数学の授業だけで、あとは部活動を中心に生活が回っていました。

高2までは部活動との両立が課題ですよね。心掛けていたことは?

i-cot(自立学習室)を利用して宿題をこなしていくようにしていました。でも、復習までやる時間はなく、高1でそれを痛感したので、学んだことはその場で理解することを意識し、授業に集中するようにしました。わからないところは、授業後すぐに先生に質問して持ち越さないようにもしていました。

数学を受講した理由は?

もともと理系で、好きな物理や化学の勉強には不安はありませんでしたが、数学は国立を目指すには力が不足していたので、しっかりやりたいと思いました。ナビオの数学の先生はとても個性的で、授業を楽しみにしていました。志望の方向性が決まったのも先生のおかげで、「将来、成功してお金も稼ぎたい」と相談したら「経営工学を学んでコンサルタントになるのはどうだ」と言われ、それでいこうと即決しました(笑)。

受験勉強はどのように進みましたか?

高2の秋に修学旅行が終わると、高校の先生たちが「受験ゼロ期」と言い出したので、私もその気になってナビオで新たに開講された物理、化学と、あと英語も受講することにしました。英語は2年間サボっていたのでちょっとまずいことになっていて、特に語彙力がゼロでしたね。

英語が課題だったのですね。

その時点ではそうです。でも、数学ももっと上げていかないといけないし、文系の国語や地理もセンター試験対策は必要なので、見通しがついていたのはもともと得意な物理・化学だけでした。

高3になってから、かなり大変だったのでは?

部活動が6月で終わった後は、ほとんど勉強しかしていませんでした。学期中は学校からナビオに直接行って、夏休みは一日中ナビオにいました。i-cotは周りもみんな頑張っているので集中できて勉強しやすい環境でした。

成果が出てきたのはいつごろからでしたか?

英語は語彙も含めて一気にナビオで演習を重ねて、夏ごろには長文がだいたい読めるレベルになりました。「まぁ、大丈夫かな?」と自信がついてきたのは冬で、受験間近です。他教科も一通りの勉強を終えるのに11月いっぱいぐらいまでかかりました。それからセンター試験に備えて、配点の大きい国語などを中心に対策を進めました。だいたい狙った通りの点数が取れて、センター利用の私立は目途が立ったので、あとは東工大の二次試験に向けて過去問演習をやりました。けっこう慌ただしかったです。

受験を振返っての感想を教えてください。

第一志望の東工大は数学を強みにするまでは行けず、届きませんでしたが、慶應進学に満足しています。受験勉強については、ナビオが中心でした。どの科目も個性的な先生ばかりで授業がおもしろかったです。

受験勉強で大切なことは何だと思いますか。

基礎をしっかり理解することです。基礎が固まっていれば、それをもとにどんな問題でも解けるし、勉強も順調に進みます。


(2019/04)
このページTOPへ