大学受験で現役合格をめざす高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. 合格への最後の詰めに、ナビオの先生のアドバイスが効いた
ナビオ体験談

生徒体験談 国立早慶コース

合格への最後の詰めに、ナビオの先生のアドバイスが効いた

瀧澤 知大さん【進学校】早稲田大学(教育学部)

受験方式: 一般入試
合格大学: 上智大学(法)、学習院大学(法)、中央大学(商)
出身高校: 東京農業大学第一高等学校
出身教室: navio成城学園校

高1のスタートからナビオに入塾されました。

苦手の数学は個別指導、英語はグループ指導で受けました。高校でもしっかり勉強しようと思って通塾し始めたのですが、高1の間は学校でも友達がたくさんできて楽しくて、けっこう遊んでしまい、気がつけば成績は下から3分の1辺りになっていました。これはまずいと思いました。高3になると成績順でクラス分けがあったので、下のクラスになるのは恥ずかしいので避けたかったです。

それでどうしたのですか?

避けたい一心で勉強することにしました(笑)。ナビオの受講教科を見直して、文系の入試では負担の軽い数学は自分で勉強することにして、代わりに大学入試にも備えて日本史を受講しました。家の近くのカフェに毎日通って勉強するようになると、すぐに成績が上がって、上位2割に入ることができました。

急成長ですね。

がんばれば結果が出ることは高校受験で経験していたので、今がその時なんだと決めて勉強しました。成績が上がると欲が出てきて、この調子でやっていけば大学受験でも上位校に合格するチャンスがあるかもと思いました。それで、高2の夏にオープンキャンパスに行って気に入った上智大学を目指すことにしました。受験対策も考え、好きな日本史にかける時間を増やして、得点源になるところまで力をつけようと決めました。すると、高2の終わり頃の全国模試で偏差値が70を超えました。

とても順調な経過でしたね。ご自身では、学力をどう見ていましたか?

日本史はある程度自信がついて、今のペースで勉強していけば大丈夫だと思っていました。英語は高2で勉強した割には結果が出ていなかったのですが、高3になった頃から長文が読めるようになり、模試でも点が取れるようになりました。たぶん語彙不足が原因で時間がかかったのだと思います。英語の偏差値も夏には65前後まで上がったので、本気で難関大学を目標にしてがんばることに決めました。最も不安だったのが国語です。春から「国立早慶の現代文/古文」の授業を受け始めたのですが、演習でもできないことが多く、難しさを感じていました。

課題が国語に絞られたのですね。

その時点ではそう思っていました。先生から1日1題の長文問題をやって経験量を増やすようにとアドバイスがあったので、その通りに演習を続けて、何とか偏差値60ぐらいまでは上がったので、英語、日本史で攻めて、国語は守るという自分の戦い方は見えてきました。

学力の仕上げはどのように進めましたか?

これもナビオの先生から「夏前に志望校の過去問をやってみなさい」という指示があってやってみると、全然できなくて愕然としました。特に英語は入試では通用しないことがわかったので、もう一段実力を上げるために、夏休みの間に英語の総復習に取り組みました。1ヵ月後にまた過去問を解いてみると、以前と違って点数がまとめられるレベルに上がっていることがわかりました。

自分で考え、先生のアドバイスも取り入れての目標達成ですね。受験を通して感じたことは?

英語、日本史の先生には本当にお世話になりました。受験勉強では、日本史を早めに始めたのが正解だったと思います。逆に英単語のスタートが遅すぎました。これからの人には、なるべく早く、できれば高1からと伝えたいです。


(2019/04)
このページTOPへ