大学受験で現役合格をめざす高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ナビオ体験談
  3. 受験にも、受験を超える学びにも、ナビオは応えてくれた
ナビオ体験談

生徒体験談

受験にも、受験を超える学びにも、ナビオは応えてくれた

町田 暁信さん【進学校】東京大学(理科Ⅰ類)

受験方式: 一般入試
合格大学: 慶應義塾大学(理工)
出身高校: 宇都宮高等学校
出身教室: navio宇都宮校

ナビオに至るまでの通塾歴が長いと聞きました。

小学生の時、栄光ゼミナールで算数を受講し始めて、中学、高校時代を通してずっと個別指導を受けていました。

受験は高校進学で一度経験していますね。

県立の他に開成高校を受験して合格しました。入学はしませんでしたが、開成のために国語の文章読解と記述の演習を徹底的にやったことが東大の受験で活きたと思います。理系教科には、ある程度の自信を持っていますが、文系教科は苦手意識がありました。

国語も個別指導で受講していたのですか?

はい。毎回、課題の文章をめぐって、先生と1対1で討論をしていました。完全に納得するまで引き下がらなくても、先生が納得するまで付き合って議論に応じてくれたので、とても充実して得るものが多い時間でした。

高校進学後のナビオの授業はいかがでしたか?

教科によってかなり進め方が違いました。理科、数学は少し特殊だったかもしれません。ナビオでも個別を受講して、担当は小学生の時に教えていただいていた気心の知れた先生でした。理系全般に対応してくれて、授業は自分の要望に応じて、先生がやるべきことを指示してくれたり、課題を用意してくれるという形でした。

具体的にはどのような勉強を?

数学は高1の間に数Ⅲまで終わりました。物理や化学は一通りのことは自分で勉強して、あとは実践で実力をつけていきました。

実践とは、どのようなことでしょう。

数学、物理、化学オリンピックへの挑戦です。どれも予選と本選があって、とくに本選は大学入門レベルの力を要します。ナビオの先生の助言を受けながら、数学は2回、物理と化学はそれぞれ1回挑戦し、数学と化学で本選に進み、物理は世界大会のメンバー選考にあと一歩の優秀賞を受賞しました。それから、科学の甲子園にも学校のチームで2回出場しました。高校進学後、しばらく目標もなくぼやっと過ごしていたときに、先輩が勧誘してくれて参加したのですが、高1の時は地学部門を担当して1位になり、高2ではリーダーとしてみんなで協力して課題と取り組んで、とてもおもしろく、すばらしい経験をさせてもらいました。

ものすごく力がつきそうですが、準備が大変だったでしょうね。

直前2ヵ月ぐらいは他のことはすべて捨てて、そのための学びに集中します。苦しいけれど、そこに充実感もあります。こういった大会では正確な知識を身につけていることが前提ですが、問われるのはその場で考えて解決の筋道を見出す力です。本選ではすごい人たちがたくさんいることを思い知らされもしましたが、自分自身も力を伸ばすことができたと思います。

その他に、部活動はされていましたか?

囲碁部に入っていました。高校で始めて、だんだん実力を上げていき、最後は後輩を率いて県予選を勝ち抜いて団体と個人で全国大会に出場することができました。純粋に楽しんでやっていましたが、なんと東大入試のリスニングのテーマが今年は囲碁だったんです!「やった!」と思いました。

文系教科はどのように勉強しましたか?

英語は3年間ナビオで普通の受験勉強をしました。ある程度できているつもりでしたが、受験も近い11月の模試でひどい点数をとって、語彙力不足を痛感しました。市販の単語帳を用意して、毎日2時間ひたすら英単語を覚えました。これはかなりきつかったです。でも、おかげで必要な単語が2ヵ月で頭に入り、英文を読むスピードが上がって安心感を得られました。東大のリスニング対策のトレーニングも夏からやりました。

最後の仕上げとして取り組んだことはありましたか?

文系教科以外では、物理と化学の対策があります。出題が予想される問題のうち、その場で考えて解く問題には自信があるので、それを活かすために、必ず出る基本的な問題を瞬時に解く練習を十分にやって、本番に臨みました。

受験に欠かせなかったものと言えば?

ナビオの個別指導の先生です。数学、物理、化学と理系の全科目を対象に、何でもできて僕の要望に応え続けてくれました。受験勉強を超えて、囲碁の手ほどきもしてくれたし、数学、物理、化学のオリンピックについても頼りになるアドバイザーでした。高校生活の知的側面を支えてくれた人です。

東大入試当日はいかがでしたか?

勉強はしてきたのでやれるはずだという気持ちがあり、特に緊張はしませんでした。内容の面では、理数系の教科は今年は難易度が下がっていて、余裕を持って解くことができました。

東大に合格できた要因は何だと思いますか?

小さい頃から、母が知的好奇心を引き出す教育を心がけてくれました。それから、最初に栄光ゼミナールに入って出会った先生が、1人っ子の僕には優しいお兄さんのように感じられて、勉強は楽しいという気持ちが刷り込まれたように思います。このままの気持ちで、これからもしっかり学んでいきたいです。

後輩にメッセージをお願いします。

目的が何であっても、勉強には苦しい面もあり、身を削って努力する局面もあると思います。それはたぶん目標達成に必要なことなのです。でも、苦しいだけではなく、そのプロセスにも面白さがあることを感じて進んでほしいですね。
担当の木村先生より
小学生の頃、解説無しで大量の受験算数の難問を課すという無茶振りに、必死でついてきた町田君。その過程で自分でギリギリまで考え、追い込んでから質問する習慣がついたと思います。高校生になって再会した時にはすっかり成長し、時々に必要な課題を与え、ペースを作ってあげるとみるみる力をつけていきました。穏やかで紳士的な町田君ですが、実は負けず嫌いで、燃えるものを内に秘めています。それを原動力にどこまで伸びていくのか、これからも楽しみにしています。

(2019/04)
このページTOPへ