大学受験で現役合格をめざす高校生のための塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 2017年度 大学入試センター試験~試験分析・学習アドバイス 物理・物理基礎編~
トピックス

2017/01/24大学受験お役立ち情報高校1年生高校2年生高校3年生

2017年度 大学入試センター試験~試験分析・学習アドバイス 物理・物理基礎編~

物理・物理基礎

難易度は平年並み。計算の裏付けが取れるかで勝負あり。センター物理の詳細な分析とともに、確実に高得点をとるための学習法を伝授。


物理画像1.jpg

物理画像2.jpg

【センター物理で高得点をとるための学習法】

〇 新高校2年生
 ・初級編
どの公式を「いつ」使うのか。「どのように」使うのかを意識して学習しよう。公式の丸暗記では太刀打ちできない。逆に公式を使うタイミングや使い方を知ってしまえば、どんな問題でも解けるのが物理である。最初に物理を習う時に、「いつ・どのように」式を使うのかを意識しておこう。
 
  ・中上級編
一通り公式の使い方が分かれば、それを使って練習してみよう。まずは今年の「センター物理基礎」の問題(特に第3問)を解いてみよう。きっとできるはずだ。この問題ができなければ、まだ公式の使い方が分かっていない証拠。もう一度、初級編に戻って公式の使い方を学習しよう。できるようになれば、あとは高校3年生になってから細かく詰めていこう。

〇 新高校3年生
 ・初級編
条件が違うと、解法を変えようとする人がいるが、これでは物理は伸びない。物理は分野ごと解法を固定してしまい、パターンにはめてしまうのが成績を上げやすい。解法の道筋をきちっと頭に入れて、毎回その方向で解くことができれば、センターだけでなく私大・国公立入試もまったく同じように解けるのだ。

 ・中級編
「準備」がきちっとできていれば、あとは計算間違いさえしなければ必ず解けるのが物理。力学の場合だと、「力を書いて式を立てる」まではやらなくてはならない。いきなり小問にとびかかるのではなく、普段の学習から設問に対する準備段階をしっかり意識しているかどうかが大きな分かれ目となる。

 ・上級編
物理の解法がほぼ把握できた人が間違えるパターンは、「条件の読み落としor読み間違い」がほとんど。どういう条件下で起こっている物理現象かを把握しよう。最後に過去問等を使ってたくさん練習しよう。物理は特に100点が取りやすい科目である。あとは計算間違いしなければ君も100点間違いなし!

(〔練習問題〕の解答 〔 1 〕① 〔 2 〕①)

このページTOPへ