大学受験現役合格を目指す高校生のための学習塾・栄光ゼミナール大学受験ナビオ公式サイト。
サイト内検索
フリーダイヤル0120-135-828 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 2017年度 大学入試センター試験~試験分析・学習アドバイス 英語筆記編~
トピックス

2017/01/26高校1年生高校2年生高校3年生

2017年度 大学入試センター試験~試験分析・学習アドバイス 英語筆記編~

物語文は引き続き出題、傾向に変化なく、前年よりもやや易化した。 大問数・マーク数・配点などは前年と同様であった。
第5問の物語文は、前年の新傾向であったが、本年も引き続き出題された。総語数は前年より50語程度増加したが、ほぼ例年並みであった。                                                                           
総じて、コミュニケーション・読解重視の出題傾向に大きな変化はなく、標準的な難易度であった。 センター試験で高得点をとるためには、基本的な文法力と語彙力を用いて、英文を前からある程度の速さで解釈できるスキルが必要である。まずは、そのスキルを用いて論理的に読解できるようになることを目標にすると良いだろう。近年、使用される語彙のレベルが上がっており、特に選択肢で使用される単語は、本文中には登場しないややレベルが高い単語が用いられる傾向にある。頻出単語に関しては早期に記憶すべきである。                              
そして、センター独特の出題形式に慣れ、第3問以降の読解問題142点で失点を抑えるためにも過去問・マーク模試等を活用し訓練を継続的に行なっていくことが不可欠である。


学年別対策

<新高1生向けのアドバイス>

  • 語彙 頻出順の単語の教材を用いて、動詞・形容詞・名詞を中心に暗記しましょう。その際に発音・アクセントにも留意することが大切です。また、センター試験では、語法が問われます。日頃から単語の使い方まで意識しましょう。

  • 文法・構文 まずは英文の構造(文型)を正確に見抜けるようになることが重要です。さらに、特に句をつくる準動詞(不定詞・動名詞・分詞)、節をつくる接続詞・関係詞は、センターレベルの文章を解釈する上で日常用います。高校レベルまで仕上げて使いこなせるようにしていく必要があります。

  • 読解 センターの過去問を用いて、第3問以降の読解問題を精読する練習をしましょう。その際に上記の語彙・文法・構文を意識することが重要です。精読が終わったら、その英文を前からリズミカルに読めるように繰り返し読み、センターの文体に慣れてしまうとよいでしょう。


<新高2生向けのアドバイス>

  • 語彙 センターの英語を解くためには、頻出順の単語の教材を一冊一通り覚える必要があります。レベルが高い単語に関しては意味だけでも即座に答えられるようにしたいところです。頻出の単語に関しては、発音・アクセントはもちろん細かい語法まで習得することが重要です。また、頻出イディオムの記憶にも着手したいところです。

  • 文法・構文 いわゆる文法の重要単元に関しては、学校で配布されている教材でかまいませんので一通り終わらせてください。その後、過去問でよいので4択問題や整序英作文の問題を用いて、総合問題に対応できるように訓練しましょう。

  • 読解 センターの過去問を用いて、第3問以降の読解問題を制限時間内で解けるように訓練しましょう。模試で点数を上げるためにも日頃から時間を意識して解くようにしてください。当然、その際に上記の語彙・文法・構文を意識することが重要です。さらに、その英文を前からリズミカルに読めるように繰り返し読み、センターレベルの英文ならスムーズに読めるように自信をつけてください。

<新高3生向けのアドバイス>

  • 語彙 頻出順の単語の教材を一冊一通り覚えていない人はまずはそれに専念しましょう。そもそも知っている単語の量が不足していると、5月以降のマーク模試で得点をとることが困難です。また、頻出の単語に関しては、発音・アクセントはもちろん細かい語法まで習得することが重要です。頻出イディオムに関しても一定量覚えておかねばなりません。

  • 文法・構文 いわゆる文法の重要単元が一通り終わっていない人は急いで仕上げましょう。学校で配布されている教材でかまいませんので一通り終わらせてください。その後、過去問でよいので4択問題や整序英作文の問題を用いて、総合問題に対応できるように訓練しましょう。

  • 読解 センターの過去問を80分で時間を計って定期的に解きましょう。また、第3問以降の読解問題は効率的な解き方を身に付け確実に制限時間内で解けるように仕上げてください。時間内で終わらない人は、解く順番などを工夫する必要があります。センターの過去問がある程度終わってしまった人は、センター形式の市販の予想問題を用いるとよいでしょう。 

2017_test_writing.jpg


このページTOPへ