志望大学現役合格のために、この冬からスタートしよう!
大学受験ナビオが、一人ひとりに最適な学習プランを作成し、大学受験に向けて効率的に学習を進めるサポートをします。

冬期講習 受講料

大学受験ナビオをはじめて受講される方にお得な特別料金!

個別指導

教師1人×生徒2人

5,400
(※)

1講座:80分×4回

※1講座あたりの料金。2講座まで受講できます。

※教材費・プリント代は別途

グループ指導

ご希望の講座を複数選んで!

無料

1講座:4回 (※)

※コースによって授業時間が異なります。

※教材費別途(1講座2,700円~8,100円(税込))

映像指導

好きな講座を選んで!

無料

1講座:80分×4回

※2講座まで無料で受講できます。

※教材費別途(1,080円~5,184円(税込))

冬期講習の前に、
大学受験ナビオの授業を無料でお試し!

11/1(木)~12/21(金)
期間限定〔無料授業体験〕

個別指導

無料

80分×1回(教師1人×生徒2人)
無料で体験できます

グループ指導

無料

全講座
ご希望の講座をいくつでも受け放題!

映像指導

無料

80分×2回
無料で体験できます

授業体験 お申し込み

< 12月の入塾がおトク!>

▼ ▼ ▼

12/21(金)までに入塾手続きで、12月授業 + 冬期講習
いずれも冬期講習の特別料金
ご受講いただけます。

  • パンフレット・講座一覧・料金など、簡単な入力だけで、ナビオの冬期講習が詳しくわかる資料一式をメールでお届けします。
  • 冬期講習お申し込みまずは個別相談で学習状況をお聞かせください。
    一人ひとりに最適な冬期講習プランをご提案します。

大学受験ナビオなら、
冬期講習でも受講形態が選べる

個別指導

自分だけの学習プランで、教師と隣り合わせで学ぶ
1講座:80分×4回

講師1人に生徒2人で、大学受験専門の講師と隣り合わせで学ぶ授業です。大手予備校にはない受講形式は、一人ひとりの学習目的に合わせてベストな学習プランで授業を進めることができます。

個別指導について

グループ指導

同じ目標・同じレベルの仲間と共に学ぶ
学力別・志望校別コース
1講座:80分(高3)/70分(高1・高2)×4回

グループ指導について

映像指導

実力ある講師陣の映像授業を、自分のペースで学ぶ
1講座:80分×4回

映像指導について

大学受験ナビオなら、
冬期講習日程が選べる

1講座4回から受講できます

I期 12/22(土)~25(火)
II期 12/26(水)~29(土)
III期 1/4(金)~7(月)
IV期 1/8(火)・9(水)

※宮城県、栃木県の教室は、日程が異なります。お問い合わせください。

冬期講習の受講の流れ

  • パンフレット・講座一覧・料金など、簡単な入力だけで、ナビオの冬期講習が詳しくわかる資料一式をメールでお届けします。
  • 冬期講習お申し込みまずは個別相談で学習状況をお聞かせください。
    一人ひとりに最適な冬期講習プランをご提案します。

近くの教室を探す

現役合格をめざす高校生の
冬の学習ポイント

  • 高1生
  • 高2生
  • 高3生

「2021年度入試」は難度アップ!
志望校合格に向けて、この冬から対策をはじめましょう

高1生が挑む「新入試」の中身を確認しよう

1新たに導入される「共通テスト」とは?

センター試験に代わり、2020年度(2021年1月)から、「大学入学共通テスト」が実施されます。従来の知識・技能に加え、思考力・判断力・表現力を測るために、複数の情報(文章・図・資料)を組み合わせて解答する問題や正解が複数ある問題、記述式問題が出題されます。高い読解力と自分の考えを論理的に説明する表現力が必要となります。

2「推薦入試」の選考条件が厳しくなる

入試区分の名称が「総合型選抜」「学校推薦型選抜」に変更され、選考条件も厳しくなります。
「共通テスト」や大学側が行う小論文やプレゼンテーションなどの「個別試験」が必須になります。調査書は「評定平均」に加え、「様々な学習・活動の取り組み」まで詳細に記入されたものになります。

3国語と数学で「記述式」が出題される

共通テストの国語と数学では、マーク式のほかに記述式問題が出題されます。国語は新聞記事や統計資料などさまざまな情報を読み取り、客観的かつ論理的な文章にまとめなければなりません。数学も従来の証明問題とは異なり、「日常生活や社会事象を扱った」問題や「図表やグラフを用いて考えたことが解答の前提となる問題」が出題されます。
昨年実施されたプレテストでも正答率は低く、高難度の問題になることが予想されます。

4英語は「話す」「書く」を含めた「4技能」評価へ

グローバル化に伴い使える英語力を育む観点から、4技能(読む・聞く・話す・書く)が重視されます。国立大の一次選抜では、共通テスト(2技能)に加えて、4技能評価を行っている民間の資格・検定試験(以下、民間試験)の受検が必須になります。また多くの私立大でも、2020年度から民間試験のスコアを選考に活用する方針を打ち出しており、高1生は早期から英語4技能の向上に取り組む必要があります。

この冬、これに取り組もう!

「基礎力の強化」
入試で出題される応用問題も、基礎の積み重ねがなければ解けません。この冬は基礎内容の反復学習を心がけましょう。
「苦手科目の克服」
テストの結果などを参考に、理解が不十分な単元を探りましょう。特に、英・数・国の主要3教科は徹底的に復習をしましょう。
「英語のレベルアップ」
英語は入試の軸となる教科です。ライバルの先を行くために、いち早く本格的な学習をはじめましょう。

高2生は浪人できないってホント!?
現役合格を手にするために、本気の対策に取り掛かりましょう

浪人できない高2生がこの冬やるべきことは?

1浪人生向けの別の問題は作成されない

高2生はセンター試験を受ける最後の学年です。翌年から「大学入学共通テスト」に移行しますが、浪人生用の問題は作成されないため、現役での進学を逃すと大きく変わる出題方針に沿った対策が必要に。また学習の負担が大きくなるだけでなく、本番では共通テスト対策を進めてきた現高1生に挑むことになるため、例年以上に厳しい受験となる可能性があります。高2生は現役で合格するためにも、一刻も早く受験勉強を開始しなければなりません。

2数学と国語は、「センター」レベルをクリア

センター試験の数学は「ⅠA」「ⅡB」が試験範囲となっています。既習内容について、センター試験レベルは満点を取ることを目標としてください。この時期は、解く時間ではなく、「解けるか」にこだわって復習するとよいでしょう。国語は基本的に無学年教科です。まずは、現段階での実力を確かめましょう。その結果に応じて必要な語彙力・読解力を高めるトレーニングに力を入れます。必要な科目に絞って学習しましょう。

3理科と社会は、入試への準備を

高2生の冬は、志望大学・学部に合わせた理社の学習にも目を向ける必要があります。未習内容もまだ多くあるのが現状でしょうが、実際の入試までほぼ1年です。少なくとも大まかな学習計画を立てておく必要はあります。その際には、習得すべき知識量の膨大さに圧倒され、実戦的な演習をする時間が不足しがちな点に注意しましょう。この冬は既習内容の理解度の確認から着手し、可能ならば知識の先取りを心がけてください。

4英語4技能試験を利用した入試に注目

英語の入試問題については、実用英語に重点を置く傾向が強まっています。英語4技能(読む・聞く・話す・書く)への注目度も高く、実際、多くの大学で4技能を測る民間の資格・検定を利用した入試が導入されています。高2の冬は、センター試験対策と並行して英検などの学習にも時間を割いてみましょう。語彙力などの基礎の底上げはもちろん、リーディング・ライティング・リスニングをバランスよく鍛えられます。

この冬、これに取り組もう!

「受験モードへの準備」
高2の冬は学習時間を一気に増やす良い機会です。この時間帯は必ず机に向かうという「コアタイム」を決めてください。1日当たり8時間以上を目標としましょう。
「理社の学習をスタート」
理社は浪人生と現役生の差が大きい教科です。学習時間がそのまま成績に出ますので、少しでも早く受験勉強をスタートさせてください。
「センター試験対策」
センター試験まで、およそ1年です。必要な科目を再確認し、優先順位を明らかにし、この冬から高3の夏までの中期計画を立てましょう。

入試本番に向けて、いよいよ臨戦態勢!
過去問を使った志望校対策で、得点力を強化しましょう

過去問学習の効果を最大化する方法を理解しよう

1過去問学習で出題傾向をつかむ

出願先を決めたら、過去の入試問題に取り組みましょう。科目によっては演習不足から得点が伸びないこともありますが、毎日解き続けることで着実に力がつきます。また、過去問学習の目的は、出題傾向をつかむことです。出題範囲や取り上げられるテーマ、問題形式など、受験する大学・学部の傾向を分析し、的を絞った学習を進めることが入試本番での得点の上積みにつながります。

23年前から年度を遡って解いていく

受験する大学・学部の過去問は、3年前のものからできるだけ古い年度のものまで解いていきましょう。最新2年分の問題は、受験直前までとっておくのがポイントです。次に、同じ大学の他学部、さらには受験校以外の同学部の過去問へと広げていきましょう。同じ大学であれば難度が近く出題形式が似ているため他学部であっても効果は大きく、受験校以外でも学部が同じであれば、学部の学びに関連する幅広い知識を得ることにつながります。

ココがポイント!

英語
受験校以外・同学部の過去問を解く際は、巻頭の「傾向と対策」ページにある長文のテーマを確認し、受験校でも出題されそうなテーマをセレクト。長文読解では、関連する知識・語彙力を持っている方が有利です。
数学
記述式問題は、時間配分を意識し、解答時間をあらかじめ決めてから取り組んでください。また国公立大や最難関の私立大では解答のプロセスが重視されるので、考え方の根拠や道筋が伝わる答案を意識することが大切です。
国語
古文は、「傾向と対策」で出典を確認し、頻度の高いジャンルの問題を他大学の問題も含めできるだけ多く解いていきましょう。現代文は、抽象的な言葉や難しい表現をノートにまとめ、語彙力を増やすことを心がけましょう。
理科・社会
他大学も含めて、できるだけ多く問題を解いてください。理科は計算を含め、素早く正確に解く練習を繰り返します。日本史・世界史は、間違えた問題について用語集で再確認し、史実の因果関係をまとめ直すとよいでしょう。

この冬、これに取り組もう!

「科目バランスを意識」
入試は、全受験科目の合計点で合否が決まるため、得意科目の得点を伸ばすより、苦手科目を平均レベルに引き上げる方がはるかに効率的です。
「センター試験対策」
安定して目標得点を上回るレベルまで、実力をつけておくこと。最低でも5年分の過去問、予想問題集を使って、各科目まんべんなく演習を重ねていきましょう。
「アウトプット中心の学習」
得点力を上げるために、アウトプット中心の学習に切り替えましょう。優先度の高い科目の演習問題を計画的に進めていくことが大切です。

大学受験ナビオなら、
個別相談で学習の悩みが解決できる

ナビオには、担当教室とは別に、学習面での悩みを聞き、アドバイスを
する「ナビゲーター」がいます。
これまでにたくさんの大学受験生から様々な相談を受け、一人ひとりに
最適な学習プランを提案してきました。

「成績が上がらない」
「志望校が決められない」
「何から手を付ければいいかわからない」
「部活動が忙しすぎて、大学受験に向けた勉強ができない」

大学受験に向けた学習法についてどんなことでもお気軽にご相談ください。
まずは冬期講習の学習プラン作りから始めましょう!

ナビオのナビゲーションのポイント

学習状況を振り返り、勉強の計画を立てる

ナビゲーションシート

常にモチベーションを保って学習に向かうよう、専用のシートを使い、専任のナビゲーターが学習状況を把握しながら学習の悩みや進路の相談を行っていきます。

合格への鍵となる豊富な情報を提供

学習情報・受験情報誌

合格への鍵は情報です。
充実した受験のノウハウを、学習情報・受験情報誌でも発信しています。

大学受験ナビオなら、
勉強に集中できる

やる気はあっても、家ではなかなか集中できないことってありますよね?そんな時は大学受験ナビオへお越しください。冬期講習の受講生は、授業のない日でも自習室 [i-cot(アイコット)] を利用できます。わからないところがあれば、受講していない教科でも先生に質問ができるので、大学受験対策の勉強も冬休みの宿題も効率良く進めることができます。

2018年現役合格実績

1人ひとりの目標や希望に合わせてナビゲートしていくのがナビオの特長です。
一般受験の合格テクニックだけを教えるのではなく、AO・推薦入試や内部進学など、さまざまな進学のカタチに寄り添っています。

大学現役
合格者数
7,785
早慶上智
312名
国公立大
345名
GMARCH理
990名
AO・推薦
合格者数
1,419
公募・指定校推薦
620名
内部進学
402名
AO入試
317名

※GMARCH理とは、学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政・東京理科大の略

■東京大学 6名 ■京都大学 5名 ■東北大学 16名 ■北海道大学 3名
■一橋大学 4名 ■東京工業大学 11名 ■横浜国立大学 8名 ■千葉大学 9名
■埼玉大学 22名 ■宇都宮大学 9名 ■筑波大学 10名 ■首都大学東京 15名
■早稲田大学 161名 ■慶應義塾大学 88名 ■上智大学 63名 ■学習院大学 64名
■明治大学 233名 ■青山学院大学 93名 ■立教大学 152名 ■中央大学 131名
■法政大学 193名 ■東京理科大学 124名
■東京大学 6名 ■京都大学 5名
■東北大学 16名 ■北海道大学 3名
■一橋大学 4名 ■東京工業大学 11名
■横浜国立大学 8名 ■千葉大学 9名
■埼玉大学 22名 ■宇都宮大学 9名
■筑波大学 10名 ■首都大学東京 15名
■早稲田大学 161名 ■慶應義塾大学 88名
■上智大学 63名 ■学習院大学 64名
■明治大学 233名 ■青山学院大学 93名
■立教大学 152名 ■中央大学 131名
■法政大学 193名 ■東京理科大学 124名

※合格者数はナビオ・栄光ゼミナールに通塾されていた生徒のみ集計。講習生・テスト生などは一切含まれておりません。

ナビオの現役合格率
93.3%
ナビオの現役進学率
82.1%

※現役合格率→算出方法は、大学・大学校・短大・海外の大学への合格者数(2,443名)÷受験者数(2,619名)

※現役進学率→算出方法は、大学・大学校・短大・海外の大学への進学者数(2,151名)÷受験者数(2,619名)

※左記の合格率・進学率は、大学・大学校・海外の大学を含んでいます。専門学校は含まれておりません。

  • パンフレット・講座一覧・料金など、簡単な入力だけで、ナビオの冬期講習が詳しくわかる資料一式をメールでお届けします。
  • 冬期講習お申し込みまずは個別相談で学習状況をお聞かせください。
    一人ひとりに最適な冬期講習プランをご提案します。

近くの教室を探す