現役合格インタビュー

  • 青山学院大学 国際政治経済学部 合格

    中村 実さん

    出身教室 大学受験ナビオ 赤羽校

    青山学院大学の国際政治経済学部を目指したのは、ナビオの先生の影響です。英語の先生が授業中に様々な分野の話をしてくれたのですが、その話が面白くて、そこから政治に興味を持つようになりました。
    ナビオでは英語の個別指導と国語のグループ指導からはじめました。英語は個別指導で2カ月間くらい基礎を学んでから、応用力をつけるためにグループ指導に移りました。グループ指導では、ライバルの存在が頑張る原動力になりました。
    受験勉強をしていると、自分の勉強方法が正しいのかが分からなくなって不安になったこともありました。しかし、どんな時でもナビオの先生に言われたことをやれば大丈夫と信じることができたので、信頼できる先生の存在はとても大きかったです。

  • 立教大学 文学部 合格

    佐藤 響さん

    出身教室 大学受験ナビオ 大宮校

    英語の個別指導は、すぐに質問できるし、先生との連携が取りやすかったです。世界史のグループ指導は、最初は学校でやったことを全部忘れてしまっていて難しく感じましたが、先生に言われたことをやっていたら少しずつわかるようになっていきました。38だった偏差値は最終的に67になって、世界史は本当に頑張ったなという自信があります。
    成績が伸びない時期はネガティブになりやすかったのですが、ナビオの先生から「絶対に成績を伸ばすから信じて」という言葉をもらい、頑張ることができました。先生はいつも背中を押してくれて、本当に助けられました。ナビオがなかったら合格できていなかったと思います。

  • 立教大学 観光学部 合格

    増田 祐太朗さん

    出身教室 大学受験ナビオ 明大前校

    国語は具体的な解法のポイントや、解くときの手順を教えてもらって、それがすごく役に立ちました。実際に過去問に取り組むときや入試本番でも、問題を解きながら先生の言っていたことを思い出すと、すらすらと解くことができました。苦手だった英語も、先生がコツを教えてくれて、少しずつ自信がついて上手くいくようになりました。
    ナビオの先生は自分と一緒に頑張ってくれているような感じがして、いつも気にかけて声をかけてくれたり、塾全体が優しかったです。ナビオは自分を本当に成長させてくれた場所です。立教に合格できる学力と精神力にしてもらいました。

  • 明治大学 国際日本学部 合格

    石坂 季紗良さん

    出身教室 大学受験ナビオ 吉祥寺校

    個別指導は困ったときにすぐ先生が話を聞いてくれ、質問にもすぐに答えてくれるので、悩む時間が少なくなりました。ナビオに行って先生と話すことも楽しかったので、受験勉強を楽しむことができたと思います。今の時期はどういう勉強をすればよいか、過去問演習について迷ったときもどの大学をどのくらい解けば良いか等、細かく丁寧なアドバイスがもらえたので、とても助かりました。
    私にとってナビオは「第2の家」のような存在。先生が寄り添ってくれたので、安心して勉強できる場所でした。ナビオの先生は、苦しい時期でも誰よりも近くにいてくれるので、自分で抱え込まずにすぐに先生に質問した方が良いと思います。

  • 明治大学 文学部 合格

    式場 健人さん

    出身教室 大学受験ナビオ 新浦安駅前校

    高2の春にナビオに入りました。友達もできたし、先生がいつも的確なアドバイスをくれて引っ張っていってくれるので、先生の言うとおりにやっていけば大丈夫と思えました。大学受験の勉強を進めていくうえで重要な場所でした。
    ナビオの後輩のみなさんは、自習室をどんどん使った方がいいと思います。あんなに良い環境は、なかなかないので。自習室は他のみんなも勉強しているので、少し休憩していても、その間に勉強している人がいると思うと、早く戻らなければと思えました。そんなナビオの環境にいることで、とてもやる気になれました。

  • 東京理科大学 経営学部 合格

    北條 稜さん

    出身教室 大学受験ナビオ 新越谷校

    ナビオの先生たちはとても話しかけやすくて、色々相談に乗ってくれ、私の受験を支えてくれました。そしてナビオは自習室がすばらしい!私は自習室を有効活用して、塾が開くとすぐに入って、友達と一緒に最後まで残って勉強していました。家ではやる気が出ないときも、自習室に行けば周りのみんなも頑張っているので、「自分も頑張ろう」という気持ちが沸いてきました。
    自分はもともと負けず嫌いなところがあったので、周りの人に負けないくらいの努力をして、自分が後悔しないようにという気持ちをもって受験勉強に取り組みました。落ちても受かってもやり切ったから満足と思えるくらい勉強できたので、本当に成長できたと思います。

  • 早稲田大学 文学部 合格

    村山 莉央香さん

    出身教室 大学受験ナビオ 目黒校

    高3の時は、授業や自習でほぼ毎日ナビオに通っていました。とにかく英語を伸ばしたいと考えていたので、分からないことはすぐに解決しようと思いました。そこでどの曜日に行っても気軽に質問できる英語の先生をつくりたくて、授業を受けていない先生にもどんどん話しかけて仲良くなりました。勉強は嫌いでもナビオには行きたいという状況を自分で作って頑張りました。
    ナビオは先生との距離が近いので、先生方とのコミュニケーションがとりやすく、困ったときに助けていただけるのが一番いいところだと思います。ナビオに行くのは楽しかったです。

  • 早稲田大学 文化構想学部 合格

    杉山 慎太郎さん

    出身教室 大学受験ナビオ 所沢校

    英語のグループ指導は、先生がどんな進め方がいいかを生徒から聞き取って、みんなの希望に合わせて授業をしてくれました。その授業がとても分かりやすくて、自分にフィットしていたと思います。やっていくにつれて単語と文法がしっかり頭に入り、着実に実力が上がりました。
    入試が近づいてきた時に、先生から「センター試験を甘くみないでほしい。センターの成功が一般入試につながる」と言われたので、手を抜かずに対策をしっかり行いました。そのおかげで、センター利用入試で出願したところは全部合格し、早稲田大学の一般入試に向けての基盤を作ることができました。

  • 早稲田大学 政治経済学部 合格

    石坂 朋也さん

    出身教室 大学受験ナビオ 吉祥寺校

    高1・高2の時は英語をグループ指導で受講し、高3では英語と国語をグループ指導、数学を個別指導で受講しました。グループ指導は一緒に勉強する仲間がいることが刺激になりモチベーションが上がりますが、数学は得意科目だったので、自分のレベルやニーズに合わせて個別で効率よく指導してもらいたいと思ったからです。ナビオで特に実力がついたと思うのは英語です。高1から基礎をしっかり確立することができました。一番は英文の読み方を身につけられたことが大きかったです。先生がどこに注目して読んでいるかが分かり、先生と同じ読み方ができるようになりました。
    ナビオは自分にとってモチベーションを保つ場でした。ナビオの先生は授業でモチベーションが上がるような話をしてくれて、それを聞いて頑張ろうと思いました。

  • 早稲田大学 政治経済学部 合格

    伊藤 真広さん

    出身教室 大学受験ナビオ 上大岡校

    高1の夏前にナビオに入って、グループ指導の英語を受けました。英語は苦手ではじめは手も足も出ないという状態でした。高2までは部活中心になってしまっていたのですが、高3になって気持ちを入れ替えたタイミングで難関大対策講座が始まりました。その授業が今までの教え方とは一線を画す感じで、文法用語を使わずに、構文や体系をまとめて見せてくれて分かりやすく、それが苦手克服の一歩につながりました。高3から始めたグループ指導の国語の授業は、読み方のコツを学んだだけではなく、古文常識も学べたのがとてもよかったです。ナビオに行っていなかったらどうなっていたんだろうと思えるくらい力を伸ばせたので、先生にとても感謝しています。

  • 上智大学 理工学部 合格

    忍足 すみれさん

    出身教室 大学受験ナビオ 草加校

    英語の個別指導の先生は、私の学校の進度を考えて、どのような勉強方法が良いのかを一緒に考えてくれました。学校で英単語の小テストがあるのですが、先生がオリジナルの単語帳を作ってくれて、それをやることで良い点数が取れるようになりました。数学の個別指導の先生も私に合っていて、演習でできなかった問題を一つひとつ丁寧に解説してもらい、とても理解しやすかったです。
    ナビオのすべての先生が私のペースに合わせてくれて、面談もたくさんしてもらい、大学合格への道を作ってくれました。先生との距離が近いので、悩みがあればすぐに相談に乗ってもらえたのも良かったです。

  • 東京大学 理科Ⅱ類 合格

    阿部 泰典さん

    出身教室 大学受験ナビオ 赤羽校

    個別指導の数学を受けていて、高3から苦手だった物理の映像授業をはじめました。数学はもともと得意だったのですが、それをさらに伸ばしてくれました。苦手分野だった積分は計算問題にしつこく取り組んで、レベルアップすることができました。物理は特に力学の解説が分かりやすく、理解が深まりました。
    ナビオでは多くの先生が相談に応えてくれて、様々な場面で助けてもらえました。そしてずっとナビオで勉強してきたので安心感があって、落ち着く場所でした。東大入試の直前に先生から「絶対受かるから安心して行ってきて」と言ってもらえたのが嬉しく、自信にもなりました。

  • 東京大学 理科Ⅰ類 合格

    熊田 順一さん

    出身教室 大学受験ナビオ 自治医大校

    高1では個別指導で数学と英語を、高2からは映像指導の速読英語を追加して、高3になるとグループ指導の数学と英語に加えて、個別指導で国語を受講しました。東大を目指したきっかけの1つが、高2の夏に参加した集中特訓です。その時に東大の過去問に取り組んでみて、問題の面白さに興味を持って志望校として考えるようになりました。
    ナビオの英語の授業では2人の先生にお世話になったのですが、ひとりの先生は覚え方や解法など入試に直結する内容を重点的に、もう一方の先生は学問の面白さやそれに関連する情報を併せて教えてくださいました。ナビオには多彩な魅力を持つ先生がたくさんいらっしゃるので、どんなことでも相談してみるといいと思います。

  • 東京大学 理科Ⅰ類 合格

    浦 大輝さん

    出身教室 大学受験ナビオ 高田馬場校

    高1からナビオに通い、はじめは英語のみで、高2で数学・国語・化学を加え、高3でさらに物理を加えました。少人数クラスで先生とのコミュニケーションが取りやすいところが良かったです。ナビオで特に伸びたと思うのは国語と理科です。国語はこれまで勉強してきたのとは違う視点で教えてもらって、本文を感覚で読むのではなく、根拠を明確にして読み取るとともに、背景知識も説明してくれたので興味を持って学べ、力を伸ばすことができました。化学と物理は受験に直結する指導で、解き方のパターンを身につけ、正確に速く解くことができるようになりました。
    ナビオの先生は信頼できて、分からない時は丁寧に手助けしてくれました。

  • 一橋大学 商学部 合格

    髙津 美央梨さん

    出身教室 大学受験ナビオ 相模大野校

    高1の春にナビオに入塾しました。高1の間は数学の個別指導を受けました。数学はもともと得意でしたが、自分だけでさらに強化するのは難しいのではないかと考えて受講を決めました。高2の春から英語のグループ指導も受講し、高3の秋から倫理・政治経済の個別指導も受講しました。倫理・政治経済は一橋大の入試で出題される論述問題の対策をお願いしました。
    私が一橋大を目指したのは、ナビオの先生に「もっと上を目指してみたら?」と言ってもらったことがきっかけです。自分の好きなことや得意なことをよく考えてみて、好きな英語と数学のどちらも活かせる経営や商学系の勉強がしたいと思うようになりました。ナビオの先生には勉強だけではなく、進路、そして精神的にも支えてもらいました。入試ではナビオの先生からもらった「試験終了の合図まで全力で解いてきてください」というメッセージカードを毎回お守りとして持っていきました。

  • 千葉大学 工学部 合格

    古川 桜子さん

    出身教室 大学受験ナビオ 自由が丘校

    英語はグループ指導で受講しました。先生がプロフェッショナルな方で、すっきりと説明をしてくれてとても分かりやすかったです。最初は授業の流れに乗るのが大変でしたが、慣れていくと長文の説明などを聞いている時に、先生が次に何を言うかが予測できるようになってきて、過去問を解く際にも活かせました。物理は個別指導で受けることにしました。第一歩の運動方程式から一つひとつ丁寧に教えていただいて、授業の復習を続けていると、物理の本質的なことが理解できるようになりました。入試の直前期には2カ月間、数学の個別指導を取りました。数Ⅲのレベルを入試レベルに引き上げる目的です。先生が私にピッタリの問題を集めてくれて、そのおかげで実力を伸ばすことができました。

  • 東北大学 工学部 合格

    金子 佑樹さん

    出身教室 大学受験ナビオ 仙台校

    高1・高2では個別指導の数学とグループ指導の英語を受講していて、高3からは入試で必要な物理と化学も個別指導で教えてもらいました。数学はナビオでずっと授業を受けていたこともあって、模試でも高得点が取れていました。「この定理を使うときにはこういうふうに前置きした方が分かりやすい」など、答案の書き方を基礎から教えてもらっていたので、減点されなかったことも大きいです。物理と化学は高3になるまでは成績が悪かったのですが、ナビオで個別指導を始めてから、知識を入れ演習を積むことによって安定して得点が取れるようになりました。

  • 千葉大学 医学部 合格

    林 里咲さん

    出身教室 大学受験ナビオ 高田馬場校

    両親ともに勤務医ということもあって、小4くらいから医師になりたいと考えていました。しかし、高校に進学してから成績が下降し、特に数学が学校の平均以下になってしまって、医学部は無理かなと思ったこともあります。もともと得意な英語はそれを維持できていて、物理・化学はナビオで得意科目になりました。数学だけ最後まで自信が持てず、直前期に個別指導をとりました。2月集中の7回の授業で、一題一題理解を積み重ねていく良い勉強ができました。千葉大の数学は難問でしたが、学んできたすべてを動員して、完答は無理でもあがいてできるところまで記述していったのが部分点として評価されたのかなと思っています。

  • 信州大学 医学部 合格

    佐野 遥香さん

    出身教室 大学受験ナビオ 高田馬場校

    以前ドラマで見た、家庭と医院の診療を両立している主人公の女医さんの姿に憧れて医師の道をめざすことにしました。高3の夏まで部活動があり勉強がおろそかになっていたところがあって、医学部という目標は遠く見えていました。その遅れをなんとか取り戻すために、夏以降は他の人に量では負けないと心に決めて勉強しました。毎日学校が終わるとすぐにナビオの自習室で勉強にとりかかって、疑問が湧いたらすぐに質問していました。ナビオの先生はいつも丁寧に答えてくれて、ありがたかったです。
    入試では英語の対策が不十分で数学も自信がなかったので、合格を確認したときは本当に驚きました。信州大は地域医療に力を入れているので、幅広く対応できる医師になって地域医療に貢献したいです。

  • 東北大学 医学部 合格

    金子 仁太郎さん

    出身教室 大学受験ナビオ 高田馬場校

    高2の半ばまで、部活動と学校行事に全力投球で、その間成績は下がり続けていました。「これはまずい」と受験勉強を始めたのが高2の9月です。遅れていた数学は問題集を使って基礎を固めるところからスタートしました。英語はもともと得意でナビオの授業も受けていたので問題なかったです。物理と化学もナビオの授業で完璧に仕上がりました。やれば必ずできると思い、一度動き始めてからは前だけを見て進みました。
    東北大を選んだ理由は 、国際的な視野を持っている総合大学であることです。医学はもちろん文理のさまざまな学問に挑戦して、色々なことができるドクターになるのが目標です。

  • 東北大学 医学部 合格

    江島 諒さん

    出身教室 大学受験ナビオ 宇都宮校

    一番苦手だった国語は、ナビオの夏期講習で先生に教えてもらううちにコツがつかめてきた気がします。それからセンター試験の過去問を10年分以上解きました。はじめは間違いばかりでしたが、一問ずつ丁寧に解き直すうちに、90点程度だったのが最終的に170点くらいまで伸ばすことができました。
    僕は医学部に行くことは決めていたので、当時の実力よりもワンランク上の大学として、東北大を志望校の候補に入れていました。東北大の医学部は研究内容が充実しているので、理想とする医師を目指すうえでベストの大学だと思いました。それでも模試の判定では、一度Bをとっただけで、それ以外はすべてCとD。浪人覚悟の挑戦でしたが、ナビオの先生が「二次で逆転できる」と背中を押してくれたことが自信になって、合格することができました。

  • 東北大学 経済学部 合格

    髙田 悠輔さん

    出身教室 大学受験ナビオ 宇都宮校

    苦手だったのは数学です。僕は高3の夏休みにナビオに入ったのですが、そこから基礎的な問題集を何周も解くうちにある程度公式が頭に残るようになって、そこから入試問題を解くようにしました。問題の日本語を数式にすることを意識しながら演習を繰り返すうちに、成績が上がるようになりました。
    東北大を第一志望校に決めたのは、高3の夏休みにオープンキャンパスに参加して、仙台の街並みと勉強に打ち込める環境が気に入ったからです。当時は東北大のレベルにはほど遠い成績だったのですが、そこを目標にすれば勉強のペースを組み立てるのにちょうどよいかなと思いました。合格の手ごたえをつかんだのはセンター試験が終わった後です。センターの結果が良かったので、ある程度自信を持って二次に臨むことができました。

  • 東北大学 法学部 合格

    中山 潤俊さん

    出身教室 大学受験ナビオ 宇都宮校

    高1・高2と勉強をさぼっていたので、国語と数学が本当に苦手でした。そこで国語は、高3の4月から夏休み前まで、品詞や助動詞の識別、品詞分解など、本当に基礎だけれど一番大切な文法の勉強に時間をかけました。数学も教科書にある定義・定理に立ち返って例題を解きながら、高2までに終えておくべき部分を埋めていくように勉強しました。高3の夏休みは、2冊の問題集を一周し、ナビオの集中特訓や授業を活用して、数学に絞った学習に取り組みました。そして何より、「わからない問題があったらすぐ持ってきて」とか、「合格するために必要なことは何でも協力するから」と言ってくれたナビオの先生の支えが大きかったと思います。

  • 宮城教育大学 教育学部 合格

    戸嶋 悠衣さん

    出身教室 大学受験ナビオ 泉中央校

    音楽を学びたいという思いが強く、二次試験に実技科目があったので、高1の頃から宮城教育大学を第一志望校に決めていました。それ以外の出願先については、ナビオの先生に相談しました。試験科目に苦手な古文がなく、得意な現代文で勝負できる大学など、親身になって提案していただきました。ナビオの先生には授業や進路以外でもたくさんのサポートをいただき、とても心強い存在でした。私は追いつめられると「もう無理だ」と思ってしまうのですが、先生は私のそういう性格まで理解したうえで指導してくれたので、本当にありがたく思っています。センター試験の前も「大丈夫だよ」と言ってもらえたので、平常心で臨むことができました。

  • 山形大学 地域教育文化学部 合格

    大宮司 雄也さん

    出身教室 大学受験ナビオ モール長町校

    得意な英語は、実力を伸ばすために毎日必ず英語に触れるようにしていました。高3の夏休み中は、毎日1時間半、英単語の勉強に充て、冬からは長文問題も必ず解くようにしていました。
    苦手だったのは国語です。マーク式も記述式もなかなか点数が上がらなかったのですが、高3の11月くらいから毎日過去問をやり続けるうちに傾向がつかめるようになり、自然と得点が伸びるようになりました。そのほか、個別指導の先生にアドバイスされて、マーク式の問題を記述で解答できるようにトレーニングするようにしました。マーク式だと消去法になりがちですが、自分の力で答えを考える力が身についたので、センター本番でもしっかり得点することができました。