大学受験合格体験談

  • 生徒体験談

    先生方の指導と、厳しいひと言が僕を合格に導いた

    菊岡 龍太郎さん【進学校】東京大学(理科一類)

    受験方式: 一般入試
    合格大学: 早稲田大学(先進理工)・慶應義塾大学(理工)・上智大学(理工)・東京理科大学(理工)
    出身高校: 春日部高等学校
    出身教室: 大学受験ナビオ大宮校、Z会東大進学教室大宮校

ナビオに入ったきっかけから教えてください。

中学時代、栄光ゼミナールに通っていたのがきっかけです。栄光は先生が個性的で、勉強するのが楽しいと思いました。授業も教材もよくて、成績もすごく伸びました。高校進学後、そのままナビオに入り、高1の間は数学だけ受講しました。

高校時代は、Z会東大進学教室も併用したと聞きました。

はい。Z会東大進学教室はナビオ大宮校の中にあるので、併用しやすいんです。高2はナビオで数学、物理、化学を受講し、高2の終わりごろ、本格的に東大をめざすことを決めて、得意の化学はそのままナビオで、英語、数学、物理はZ会で実力アップを図ることにしました。さらに夏休みに入る前にZ会の国語の先生に声をかけてもらって、講座を受講していなかったのに過去問の添削をしていただくようになりました。

ナビオとZ会を状況に応じて使いこなしたのですね。

そうですね。ナビオでは基礎を固めて、Z会でさらに上のレベルをめざすようにしていました。

思い通りに、力はつきましたか?

どの教科も力がつく実感がありましたが、特に国語は一気に伸びて、自分でも驚きました。過去問の添削を通して、どういうところに目をつけて、どういうアプローチで解答を組み立てていくかを理論立てて教えてもらい、それまであいまいだったことがすべて理解できるようになりました。高校受験では足を引っ張っていた国語が大学受験では得点源になり、Z会の国語の先生には頭が上がりません(笑)。

スランプはありましたか?

高3の秋はつらかったです。中学時代、得意だった数学ができなくなり、10月の模試では120点中6点しか取れませんでした。でもそのとき、数学の先生に「授業の復習をやっていないだろう?」と厳しく叱られたんです。まさに図星だったので、それからしっかり復習しました。あそこで先生に叱ってもらえなかったら、合格はなかったと思っています。

受験は順調に進みましたか?

最後に国語が伸びたこともあって、センター試験は自己最高点でした。また、私立の入試や東大の二次では、化学で高得点を取ることができました。化学はナビオの先生にお世話になっていたので、こちらも頭が上がりません(笑)。

頭の上がらない先生がたくさんいますね。

本当に自分は周りに恵まれたと思っています。先生方はもちろん、教室の仲間にも支えられました。すごくできるのに、さらに努力をしている姿勢には強い刺激を受けました。

東大進学後の抱負を聞かせてください。

僕は高校3年間で、この先何を学ぶか明確には決められなかったので、東大では大学2年の夏の進学振り分けまでに幅広く学び、じっくり考えて、将来の目標を決めたいと思います。また、人間関係の幅が大きく広がるので、色々な人と接することで自分を磨いていきたいです。留学もしたいですね。

最後に後輩にメッセージをお願いします。

ナビオの先生は話しやすいので積極的に相談に行ってください。悩みを打ち明ければ、どの先生もきっと親身に考えてくれます。僕はナビゲーションの先生に色々と相談していたので、こちらの先生にも頭が上がりません(笑)。また、受験生活では壁にぶつかることもあると思いますが、そのとき、大切なのが信頼できる大人の存在です。僕は、高3でスランプに陥ったとき、数学の先生が叱ってくれたことで目が覚めて、その後、本気でがんばることができました。叱ってくれることこそ、実は本当の優しさです。