大学受験合格体験談

  • 生徒体験談

    ナビオに通い続けたことでコンスタントに実力がつきメンタルも強くなった

    鰐部 未菜さん【進学校】明治大学(理工学部)

    受験方式: 推薦入試
    出身高校: 国府台女子学院高等部
    出身教室: 大学受験ナビオ西船橋校

大学はAO受験でしたね。いつ頃AOに決めましたか?

高3の夏前です。脳科学の勉強をしたいと思って調べたら明治大学の理工にある研究室が一番ぴったりだったので志望しました。最初は一般入試で考えていたんですが、AOがテストと面接だったので、一般入試と並行して勉強できるので受験を決めました。

面接の対策もしたのですか?

学校とナビオの両方でしました。学校では「なぜこの学科を希望したのか」といったスタンダードな質問でしたが、ナビオでは、志望動機を掘り下げた質問や最新の話題などに絡んだ質問などを先生が出してくださいました。対策が難しかったのが学力考査で、一般入試と違って過去問が公開されていないんです。学科が電気電子系なので、数学は複素数平面や微分積分などが大学で必要だろうと思い、その辺を重点的に自分で解いて、先生に質問する感じで勉強していました。

ナビオはいつ頃から通い始めたのですか?

栄光ゼミナールには小5から中3まで通って、高1の10月からナビオです。高1の1月に選抜クラスの試験があるので、その対策として数学と英語を映像指導で受けました。数学は中学で栄光に通って好きになり得意だったのですが、高校では進度も速く、つまずいていたこともありました。

ナビオに入って勉強の仕方は変わりましたか?

はい。私はしっかり理解すると先に進めるのですが、一度つまずくと思考が止まり、そこから進めないところがあったんです。それを解消するためにナビオに毎日通って、引っかかったところを先生に聞いて理解するようにしました。学校のモヤモヤをナビオですっきりさせて帰る感じですね。高2からは数学を個別指導にしたのですが、先生がベクトルの授業で教科書に載っていない「斜交座標」という解き方を教えてくださって感激したことがあります。決して易しくはないのですが、数学の面白さがさらに広がりました。苦手だった英語も高3で入ったグループの先生の授業で好きになりました。英語って“ニュアンス”とかで説明されがちなので、私はそこがモヤっとしていたんですが、その先生は単語の成り立ちなど構造的に説明してくれたので、私にはすごく分かりやすかったです。

では自信をもってAO入試に臨めましたね。

そんなに自信はなかったです。ただ、いままでコンスタントに努力してきて、直前は吐きそうなくらいやった自負はあったので出し切ろうと思いました。むしろメンタル的には高校2年の時が危なかった。選抜に入ってからレベルも上がり、先輩方が受験で合格していく姿を見てて、自分も来年志望校に行けるのかすごく不安になって勉強が手につかなくなったのです。塾で校舎が閉まる前に泣いていたこともありました。

先生には相談しなかったのですか?

勉強の質問はできましたが、メンタルな相談はしなかったんです。そしたら数学の先生が声をかけてくださって、そこから乗り越えられた感じです。

改めて栄光、ナビオで学んでどうでしたか?

成績が劇的に跳ね上がったというのはなかったのですが、そんなに苦じゃなく受験勉強を続けられて希望の大学に入れたのは、私を第一に考えてくださる先生方がいる、この空間があったからだと思っています。ここで学んだからこそ、メンタル的に辛いことがあっても乗り越えられる自信がついたと感じています。