大学受験合格体験談

  • 生徒体験談

    先生が要所要所で刺激してくれたから、モチベーションを保つことができた

    宮本 烈さん【進学校】東京大学(理科一類)

    受験方式: 一般入試
    合格大学: 早稲田大学(教育)・慶應大学(理工)(薬)・東京理科大学(工)
    出身高校: 栄東高等学校
    出身教室: Z会東大進学教室大宮校

中高一貫校に通いながら、中学2年生で栄光ゼミナールに入ったのはなぜですか?

僕の中学校は成績順にクラス分けがあり、最初はいちばん上のクラスでしたが、あまりに勉強しなかったため、中2で下の方のクラスに落ちてしまいました。それで親から塾に入ることを勧められ、いくつか見学した中で気に入ったのが栄光ゼミナールでした。栄光の授業はわかりやすく、少人数で質問しやすいのもよかったです。

成績は上がりましたか?

自分でも上のクラスに戻りたいという気持ちがあって、中3の初めからがんばって勉強するようになり、すごく成績が上がりました。クラスもいちばん上に戻りました。―高校進学と同時にZ会東大進学教室に進みましたね。Z会で、特に印象に残っている授業を教えてください。国語が好きでした。僕は帰国子女で、国語はもともとあまり得意ではありませんでしたが、Z会の授業を受けて、「こんなに論理的に問題が解けるのか!」と衝撃を受けました。

英語の実力は抜群だったと聞きました。

英語はいちばん得意でしたが、ときには点数がよくないこともあったし、Z会の先生には添削でダメ出しをされることもあり、慢心しないでしっかり勉強しようと思っていました。

すばらしい!ほかの教科はどのように勉強しましたか?

数学は苦手でしたが、基礎はできていると思ったので、まず先生にもらった過去問題の解法を暗記し、発想のパターンを内在化してから、応用に転換しようと考えました。物理と化学は好きでしたが、学校も塾も進度が速くなかったので、本格的に勉強したのは高3の夏以降でした。

スランプはありましたか?

高1、高2は受験生としての意識も低く、何をやったらいいかよくわからなくて、気持ちがだらけてしまいました。数学の勉強はおもしろかったのですが、好きな分野ばかり深めてしまい、問題対応力や実践力が落ちてしまったと思います。

では高3から本格的に受験に向けて勉強したのですね。

いちばんがんばったのは高3の2月です。それまでももちろん勉強はしましたが、2月に比べたらまだまだでした(笑)。

受験は順調に進みましたか?

私立は東大の練習と考えていましたが、かなり意味があったと思います。特に物理は直前に過去問を徹底的に解きまくって、問題対応力が一気に上がりました。慶應は物理が難しいし、どの大学も傾向が変化していましたが、しっかり対応できたので、東大にも自信を持って臨むことができました。

宮本くんにとってZ会はどんな場所でしたか?

心の支えでした。僕は一人では勉強できないタイプで、余裕があると思うとだらけてしまうのですが、先生方が要所要所で刺激してくれたのでモチベーションを保つことができました。自立学習室i-cotも中3からほとんど毎日使いました。

東大進学後の抱負を聞かせてください。

子どものころから、色々な図鑑を見て、宇宙工学の最先端で学びたいと思っていました。ただ高1のとき、武蔵学園主催の、英語で科学を学ぶREDプログラムに栄東の代表として参加し、テンプル大学でナノ工学を体験したことから、物質工学もおもしろそうだと感じています。東大は大学3年で進路を選べる進学振り分けがあるので、じっくり考えて決めるつもりです。いずれにせよ、幅広く興味関心を持って学び、視野を広げて取り組んで、将来は分野にとらわれない柔軟な姿勢の研究者になりたいですね。東大では優秀な仲間の刺激を受けて、がんばりたいと思っています。