大学受験合格体験談

  • 合格体験談

    自立して学べるナビオで自分のやり方を確立し、目標を達成した

    田中 優志さん 【進学校】早稲田大学(文化構想学部)

    受験方式:一般入試
    合格大学:青山学院大学(文)・明治大学(文)・立教大学(文)・早稲田大学(文)(教育)
    出身高校:高輪高等学校
    出身教室:大学受験ナビオ新浦安駅前校

ナビオ入塾までの経緯を教えてください。

小4で栄光ゼミナールに入塾し、中学受験をして、その後は苦手な数学を個別指導で受講しました。そして高2になるとき、新浦安駅前にナビオが開校したので、それをきっかけに移りました。そろそろ大学受験に向けて本腰を入れなければと思いながらも何となく流されていましたが、ちょうどナビオができたことで気持ちを切り替えることができて、本当によかったです。

ナビオではどのように受講しましたか?

英語と国語をグループ指導で受講し、日本史の映像指導@willも受講しました。ナビオがよかったのは、強い拘束がなく、自分の裁量で自主的に勉強を進められたことです。英語は、ナビオの先生に紹介してもらった参考書や単語帳を使い自分で基礎を固めて、授業でレベルの高い問題を解いて実践力を高めました。さすがに高2の段階で東大の過去問をやらされるのはどうかと思いましたが(笑)、早い時点でどの大学がどう難しいかを把握し、難しさの本質を理解できたので、よかったと思います。国語は、もともと本を読むのが好きで得意科目ではありましたが、作問者の感覚をつかみながら問題を解いたり、確実に点を取るための戦略を教えてもらったりすることができました。日本史も小6の頃から大好きな科目で、基礎は学校の授業と自分の勉強で身についていましたが、映像授業を受けることで実践力がついたと思います。

スランプはありましたか?

僕はメンタルが弱くて、1日に1回はつらいと思うことがありました(笑)。特に高3の11月ごろは、直前ではないけれど時間があるわけでもない微妙な時期で、周りに同じような志望校の友だちがいなかったこともあり、「自分は今のままでいいのか?」と不安になりました。

乗り越えることはできましたか?

僕は私立志望だったので、センター試験に全力で取り組むわけではありませんでしたが、一つだけ、「得意科目の日本史は満点を取る」という目標を決めて臨み、それを達成することができました。それで「自分のやり方は間違っていなかった」と確信し、自信を持って本命の受験に向かうことができました。

受験は順調に進みましたか?

明治大、立教大、青山学院大と3日連続で受験し、第一志望の早稲田大の文化構想学部の入試の日に明治大の発表がありました。休み時間に確認し、合格がわかってほっとしました。早稲田大の文化構想、文、教育の入試は自分なりにやり切ったので、合格できなくても悔いはないと思いました。そして文化構想に受かったら、そのあと早稲田大の商と社会科学は受験しないと決めていたので、文化構想の合格がわかったときは、何より「もう受験しなくていいんだ」と思ってうれしかったです(笑)。

最後に後輩にメッセージをお願いします。

ナビオは自立して勉強できる塾なので、ナビオ以外でも様々な機会を利用していろいろな先生のやり方を吸収し、パッチワークのように縫い合わせて自分の勉強法を確立するといいと思います。また、受験勉強中は誰もが不安になるものです。でも不安があるからこそ、結果が出て自信がついたときの喜びは大きく、それがまた頑張るための原動力になります。不安があるのが当然だと思って、不安に押しつぶされることなく頑張り抜いてください。