大学受験合格体験談

  • 合格体験談

    先生の励ましが、気持ちを切り替える支えになった

    寺口 舞紘さん 【進学校】上智大学(総合グローバル学部)

    受験方式:一般入試
    合格大学:駒澤大学(経済)・上智大学(総合人間科学)(文)・中央大学(文)・東洋大学(経済)・法政大学(経営)・立教大学(社会)
    出身高校:富士見高等学校
    出身教室:大学受験ナビオ練馬校

ナビオに入ったのはいつですか?

小6の春から栄光ゼミナールに通い、中学進学後、いったん塾通いをやめたのですが、高1の冬ごろ、英語の成績が低迷したことと大学受験を意識し始めたことをきっかけに、「塾に行こう」と考えるようになりました。大手の予備校なども検討しましたが、自分には少人数でていねいに指導してくれる塾の方が合っていると思い、栄光のアットホームな雰囲気を思い出してナビオを選びました。

教科はどのように受講しましたか?

高1では英語と数学を個別指導で受講し、高2の夏から数学を映像指導@willに切り替えました。そして高3の春から英語と古文をグループ指導で、世界史を映像指導で受けることにしましたが、夏には数学も世界史も映像指導をすべて終えたので、英語もそこから自分で勉強することにして、9月から古文と現代文をグループ指導で受講しました。ナビオはいろいろな指導形態がそろっていて、自分の希望や勉強の進度に合わせて、最適な方法を選ぶことができます。先生方はいつも親身に相談に乗ってくれて、臨機応変に対応してもらえたので本当にありがたかったです。

ナビオで特に力が伸びたと思う授業を教えてください。

国語はすぐには力がつかない教科だと思うので、ナビオで早いうちから明確に受験を意識した授業を受けられてよかったと思います。それから苦手だった英語は、個別指導の先生に「音読とシャドーイング(音声を聞くだけで文字を見ずに同じことをくり返して言う英語の訓練法)を毎日必ずやりなさい」と言われて、その通りにしたところ、一気に力を伸ばすことができました。

スランプはありましたか?

私はずっと模試の成績が伸びていたのに、センター試験プレテストで急に落ちてしまったんです。原因もわからず、その状態を引きずってしまい、センター試験本番でも思うような点数を取ることができませんでした。でも私は、上智大学に行きたい気持ちが強かったので、ナビオの先生に相談したら、「成績が伸び続けていたから大丈夫!」「上智大は、私立では一番の目標で勉強してきたんだから合格できるよ!」と励ましてくれました。

上智大はTEAP利用型入試で合格したのですね。

私は高2の冬に初めてTEAPを受けて、その後、高3の11月に受けました。もともとは新聞学科をめざしていましたが、TEAPのスコアが上がったので、そこから逆算して学部の内容を調べたところ、総合グローバル学部の方が、より自分のやりたいことに取り組めると思い、志望を決めました。

いよいよ上智大で新しい生活がスタートしますね。

大学では経済や経営を学びたいと思っていましたが、世界史も大好きなので、総合グローバル学部で幅広く学べることがうれしいです。今後は常に世界情勢に関心を持つようにして批判的思考力を高めたいと思います。

最後に後輩にメッセージをお願いします。

何よりも「苦手を恐れるな!」と言いたいですね。苦手から逃げていたら最後にはそれがネックになります。