大学受験合格体験談

  • 合格体験談

    ナビオの先生の励ましと仲間からの刺激で、目の前の壁を乗り越えた

    中村 空さん 【進学校】首都大学東京(都市環境学部)

    受験方式:推薦入試
    出身高校:日本大学高等学校
    出身教室:大学受験ナビオ鷺沼校

ナビオには栄光ゼミナールからの進級ですね。

はい。栄光ゼミナールに入ったのは中3の夏でしたが、5科目をていねいに指導してもらって力を伸ばし、入塾前の自分には手が届きそうもなかったレベルの高校に合格できました。そしてそのままナビオに進み、高1は英語のボキャブラ特訓の授業を選択、その後、数学、英語の読解と授業を増やし、高3の春からは物理、秋には化学の演習も受講しました。すべてグループ指導です。

ナビオはどんな塾でしたか?

先生と生徒の距離が近いだけでなく、生徒間の仲もよく、競い合い、励まし合いながら力を伸ばすことができる塾だったと思います。ただ自分は高2の一時期、まったく塾に行かず、勉強をサボっていたことがあり、そのときはナビゲーション担当の先生にすごく叱られました。

何があったのでしょうか?

僕は中高ともに陸上部で、熱心に活動していましたが、高1の途中、部活動に入れ込み過ぎて勉強できなくなったので、一度、部活動を休んで勉強するだけの期間をつくってみたんです。でもそうなると、むしろ勉強する気がなくなり、ただ遊ぶだけの毎日が続いてしまいました。それでまた部活動に戻りましたが、高2の夏ごろ、今度は塾に行く気力がなくなってしまったんです。

それは困りましたね。どう乗り越えましたか?

高2の終わりごろ、久しぶりに塾に行き、みんなが本気で勉強している姿を見て、「やばいな」と思いました。先生にも「これ以上勉強しなかったら、志望校には受からない」と真剣に叱られ、自分のダメさを突きつけられた気がして、やっと本気で勉強する気持ちになりました。

首都大学東京はいつから志望していたのですか?

高1の夏前、もともと興味があった気象や気候について学べる大学を調べました。その中で、首都大は今の自分のレベルより少し上だと思ったので、「ここを目標にしよう」と決意しました。特に都市環境学部の地理環境学科は、まさに自分のやりたいことができる学科だと思いました。その後、さらにモチベーションを上げたいと思い、毎年オープンキャンパスにも行きました。首都大学東京は自分の好きな東京ディズニーランドのワールドバザールに似ている場所があったり、すぐ近くにアウトレットがあったりして、そういう雰囲気も楽しいと思いました(笑)。

推薦入試での進学ですね。

ずっと一般入試で行くことしか考えていなかったのですが、高3のオープンキャンパスで推薦入試という道があることを知り、ナビゲーション担当の先生に相談したところ、「やるなら本気で」と言われて、挑戦することを決めました。それから一般入試の勉強もしながら、推薦入試の志願書、面接カード、小論文の準備を必死でこなしました。小論文はナビオの先生にテーマを出してもらって書いて添削してもらうことをくり返し、志願書も見てもらいました。推薦入試を受けると決めてから出願、試験まであっという間だったので、頭の中はてんやわんやの状態でしたが、面接では、意見・思いを伝えられたし、自分なりにやり切った感があり、結果は気になりませんでした。

見事に合格しました。

僕はナビオにいたから、「ダメダメだった自分」という目の前の壁を乗り越えて、正しい道に戻れたと思っています。今後は、人よりひとつ先を考えられる人間になり、「できっこない」と思うことをやり遂げたいと思っています。