大学受験 小論文の書き方と例文

文部科学省が定める学習指導要領の中には、小論文という科目は含まれません。そのため、高校で十分な小論文の対策を行うのは難しく、大学受験で合格するためには自己学習が必須となります。大学受験ナビオでは、小論文対策の授業も行っていますので、実例を交えながら、小論文で押さえたいポイントと具体的な対策方法をお伝えします。

1小論文とは

小論文とは、自分の主張を筋道立てて説明する文章のことです。論理的思考力や読解力だけではなく、国語力、教養、人間性などを総合的に測ることができるため、多くの大学の学校推薦・総合型選抜で採用されています。

▲ページトップへ戻る

2小論文の出題形式

小論文の出題形式は、主に以下の3種です。

  • テーマ提示型
    論述すべきテーマや設問のみが示され、それに沿って意見論述を行う。
  • 課題文型
    与えられた課題文を読み、それを踏まえた上で設問内容の記述を行う。
  • データ型
    提示されている図表を読み取り、それに関する設問の論述を行う。

その他に、特定教科の知識を論述形式で述べさせるもの、英文での論述、課題文とデータが共に与えられ論述させるものなどもあります。

テーマ提示型が最も出題されますが、上位校を中心に課題文型もよく課されます。データ型は理系学部で頻出です。どのパターンが出題されても記述ができるよう対策を行いましょう。

▲ページトップへ戻る

3学部系統別、小論文で出題されるテーマと実例

小論文の出題のうち、どの学部においても共通して見られるテーマがあります。また、志望学部が学問対象として扱う社会現象・問題点・課題も頻出です。まずは、過去問を分析しましょう。志望校の過去の出題テーマに特徴や偏りがあるなど、傾向がはっきりする場合があります。

学部系統 出題テーマ例 出題実例
様々な学部・学科 時事問題
少子高齢化
労働観
格差社会
学びの意義
若者の特性 
など
新型コロナウィルスによって我々の生活や世の中のあり方は大きく変わりました。これを単に災厄としてだけでなく、改革や新しいアイディアの実現の機会ととらえることもできるでしょう。コロナ禍を災厄のままで終わらせないための、あなたのアイディアを800字以内で述べてください。(早稲田大学・社会科学部)
人文科学系 アイデンティティ
自由
心の豊かさ
正義
教養哲学
倫理学
日本語の乱れ
異文化理解
集団への帰属 
など
集団に属するということについて、この文章をふまえ、あなたの考えを320字以上400字以内で述べなさい。(慶應義塾大学・文学部)
社会科学系 夫婦別姓
裁判員制度
小さな政府
地方分権
消費税
社会保障
食料自給率
企業の不祥事
貧困問題
武力紛争
パワハラ 
など
最近の日本スポーツ界における不祥事では、パワハラ問題が多数みられる。これは、指導者と選手の絶対的な関係性が歪みを生むからと考えられる。今後のスポーツ界にとって望ましい指導現場とは、どうあるべきだと思うか。(中央大学・法学部)
教育・教員養成系 学力低下
規範意識の低下
いじめ
幼児教育の意味
動物飼育の意義 
など
筆者は、ことばは大変便利なものだが、簡単なことばで表現できるものでもその意味を深く理解し、教えようとすることは簡単ではないと述べている。そこで一例として挙げられている「重さの概念」について、具体的な例を用いつつ、100字以上200字以内で説明しなさい。(横浜国立大学・教育学部/文学部)
医歯薬系
看護・医療系
医療従事者の役割
インフォームド・コンセント
自己決定権
尊厳死
安楽死
脳死
出生前診断
生活習慣病
先端医療
チーム医療
予防接種 
など
課題文の筆者は「技(アート)」とはどのようなものと考えており、どのようにすれば習得できると考えているのか。250字以内で述べよ。(北里大学・医学部)
体育学系 トレーニング
オリンピック
ドーピング
スポーツ政策
体育の必要性 
など
熱中症予防指針(資料)から、指導者として部活動実施時に必要な対策について考察しなさい。(日本体育大学・体育学部)
自然科学系 ロボット
高度情報化
建築
クローン技術
数字の意味
自然科学の役割
環境問題
人口知能(AI) 
など
人工知能(AI)研究の進歩により、将来様々な分野でのAIの活用が期待されています。最近の社会情勢を踏まえて、10年後の社会ではどのようにAIが利用されているのか、あなたの予想・考えを600字以上800字以内で述べなさい。(東京情報大学・総合情報学部)

▲ページトップへ戻る

4小論文で押さえておきたいポイント

設問に沿った意見を書こう

小論文には、必ず設問があります。この内容を的確に理解し、設問に沿って意見を述べます。例えば「高校生がSNSを使用することの是非について」という設問の場合、使用することが「良い」か「良くない」か、自分の意見をまず書きます。

意見に対する根拠を説明しよう

ただ意見を主張するだけでなく、例えば「SNSで多様な価値観の人々との交流ができるから」などの、意見の根拠を説明しましょう。その際には、客観的事実を挙げながら、自らの主張の重要性や問題点を説明するようにします。尚、根拠説明は「同級生がみんな、利活用できているから」などの狭く偏った視点ではなく、立場の異なる人々からの対立意見も総合した論述を心がけましょう。

根拠の裏側にある要因を探ろう

SNSは世界中の人々と交流できるという利点がありますが、まれに社会問題を引き起こす場合もあります。賛否の根拠の裏側にある要因を探り、文章に盛り込んでみましょう。例えば、SNSの利用によって犯罪に巻き込まれる場合に、要因はSNS自体か、利用規則か、利用者か、などを掘り下げることで、賛否を超越した将来展望が発見できる可能性があります。

段落構成を意識しよう

小論文を書く前に、どのような段落の構成にするのかを考えましょう。代表的な段落構成に「起承転結」「双括型」「尾括型」などがあります。双括型は、第一段落に意見、第二段落以降で根拠、最終段落で意見のまとめを行います。例文を次の項目にて紹介します。

▲ページトップへ戻る

5小論文の例文

「テーマ提示型」に対して「双括型」でまとめた小論文の例です。

設問:「正義が抱える問題」について、あなたの考えを述べなさい。

第一段落【意見】

そもそも正義とは、社会に所属する人々を公平に扱うための基準のことである。しかし、時折正義は対立し、それが問題となる。自分が主張する正義からすれば不正義なことであっても、それを正義ととらえる立場も存在するゆえに、正義を貫けば他社に不利益を与えることになるからである。

正義について正しく捉えたうえで、設問に対する意見を率直に述べることができています。また、理由説明とともに述べることで、スマートに相手に主張を伝えることができています。

第二段落【根拠】

こうした対立の背景には、イデオロギーの存在がある。人々は社会生活の中でイデオロギーとともに正義を学び自らの内に形作っていくのであるから、外在するイデオロギーが異なれば形作られる正義も異なるものとなる。しかし、人々は自らのイデオロギーを帯びた正義を絶対視しがちゆえに、自らの正義を他者に押し付ける者や、他のイデオロギーを持つ人々の不利益を無視する者、その状況を改善しない者が生まれる恐れがある。こうして正義を掲げれば、同時に他方では不利益が生じることとなり、他者への悪影響が懸念される。

段落の冒頭でイデオロギーについて触れ、読み手にその対立の問題点をわかりやすく伝えようと工夫しています。

「正義が抱える問題点」にかかる理由が説明できています。それに加え、イデオロギーの対立が不利益を生むことを指摘しています。意見の根拠をしっかりと掘り下げていて、正義の問題性を述べることができています。

最終段落【意見のまとめ】

たしかに、正義を択一的に見いだすのは困難だという指摘もある。しかし、思考を停止してはならない。イギリスの社会学者ギデンズが提唱した「第三の道」のように、イデオロギーを超えて、公正な正義を模索することは重要なのではないか。こうした思考を行うためには、自らの正義に対して常に疑問を持つとともに、他者が持つイデオロギーや正義を一度受けとめることが必要となる。ときには、集団内の利益をもたらすのであれば変更することも考えなければならないだろう。

最後に正義が抱える問題点をまとめつつ、今後はどういう展開をすべきか、論じることができています。このように将来の展望や改善策まで論じることができれば、真摯に課題に向き合っている姿勢を表現することができます。

▲ページトップへ戻る

6先輩からのアドバイス

小論文は1つのテーマについて最低2回は書きました。苦手でもたくさん書くうちにコツがわかってくるし、自信にもつながるので、できるだけ色々な題材でいっぱい書くといいと思います。(合格校:早稲田大学)


小論文は時間が足りないため、時間配分に気をつけると良いと思います。(合格校:大東文化大学)


課題文を読んで小論文を書く問題に取り組むときは、文の趣旨をふまえて意見を示すことが必要です。現代文の読解の練習が役立ちます。(合格校:慶應義塾大学)

▲ページトップへ戻る

7大学受験ナビオの小論文対策

大学受験ナビオでは、小論文の原稿用紙の使い方から、気をつけたい表現や表記を踏まえたうえでの意見の述べ方、問題点の論じ方、文章の構成方法などを指導しています。小論文は自己採点が非常に難しく、自己学習だけでは力をつけにくいものです。

ナビオの小論文対策は、グループ指導、個別指導、映像指導から選べます。

グループ指導:1年間の授業を通して小論文の書き方から内容構成まで丁寧に解説・演習!

個別指導:1対1もしくは1対2で、志望校や学部に合わせて添削指導!

映像指導:忙しい高校生活のスケジュールに合わせた視聴学習プランで、万全の対策を!

その他、直前期のZ会添削指導など、多くの指導形態から1人ひとりに最適な受験対策方法をご提案します。大学受験ナビオの小論文対策をぜひご活用ください。

授業体験・ナビゲーション(個別相談)お申込みはコチラ

▲ページトップへ戻る